瞑想の習慣がセックスに与える良い影響

瞑想は心身の健康ツールとして万能選手だと思いますが、こんなことにも良い影響があるそうです。


瞑想はストイックなライフスタイルと結びつけて考えられることが多いですが、セックスにも衝撃的な好影響を与えるそうです。

・・・・・

1.瞑想することにより心身共にリラックスし、セックスのためにより多くのエネルギーを蓄えられる

研究によると、アメリカのカップルの4組に1組は、眠気のためにセックスをスキップする傾向があるそうです。瞑想をすることで、心身ともに充分な休息を取ることが出来ますから、そこでエネルギーを蓄え、充実したセックスライフを送ることが出来ます。

2.瞑想はストレスを削減し、より良いオーガズムを得られる

過剰なストレスにより、脳内にコルチゾールというホルモンが多量に分泌されると、肉体的にオーガズムを得にくくなるという研究があります。また恐れや不安があるとアドレナリンが放出され、それが血管を委縮させてしまうそうです。ストレスを軽減すると言うのは、瞑想の大きな効能の一つですから、習慣的に行うことで、生理学的にもより良いオーガズムを保証します。

3.瞑想することで集中力が上がり、気が散ることがない

マインドを司る左脳は過去や未来のことを考えるのが得意で、クリエイティビティを司る右脳は、より現在のことに集中します。瞑想を行うことで、両方のバランスがよくなり、結果的に集中力がぐっと増します。注意散漫な相手とセックスをするのが好きな人なんて、いないですからね。
 


 

4.瞑想することで、自分とパートナーをありのままに愛せる

瞑想をすることで、自分をありのままに見つめ、受け入れられるようになります。自分を満たすものを、自分の外側に求めることがなくなるので、あるがままで幸福を感じられるようになるのです。充実感を自分の外側に求めることは、同時に自分の中に欠落感を生み出すことになります。これがなくなることで、あるがままに自分と相手を愛し、自由でオープンな気持ちで愛をシェア出来るのです。

5.瞑想することで、相手の求めることがまるでサイキックのように分かる

瞑想をすることで、共感能力を高めるミラーニューロンという脳内神経細胞が発達します。パートナーの求めることが、より直感的に分かるようになります。

5 Ways Meditation Can Help You Have Mind-Blowing Sex


タントラセックスとちょっと似てますけど、この記事のアプローチはもっとサイエンス寄りで、いかにもアメリカっぽいです。アメリカで瞑想がここまで大きなブームとなったのは、脳生理学的にも効果が証明されたからです。そこから発展して、「瞑想がセックスに与える影響」みたいな説も、巷に結構あります。そのうち日本でも、アンアンかターザンで特集されるんじゃないでしょうか。