アセンションの方法 その3 メタフィジカルなやり方

今日は、アメリカの大型メタフィジックスサイト、in5d.comが出している無料eBook、『How To Ascend(アセンションの方法)』に学びましょう。


アセンションとは

アセンションとは一言で定義しがたいものであり、ある人によっては、心の翼を広げ、天国の祝福に満ちた光の中に帰ることであり、別の人にとっては、ドアの並ぶ長い廊下を歩きながら、自分の持つカギで開くドアを一つ一つ探すようなものだという例えを出しながらも、誰にでも共通する部分として、以下のように説明しています。

アセンションとは、自分が誰であるか、その本当の力を認識し、高次のバイブレーションを持つ愛の状態に存在しながら、創造主と共に現実を共に創造することである。自分自身の存在の高次のバイブレーションとエッセンスを物理次元に融合し、その中でバランスを取りながら、ハイヤーセルフの助けを借りて、DNAの中に保存されたアカシックレコードの経験と、意識的につながることを要する。

・・・・・・・・・・・・

アセンションの方法

この本の中で紹介されている方法は、スピリチュアル、エソテリック(秘教的)、メタフィジカル(形而上学的)なプラクティスの伝統を研究、まとめたものだそうです。アセンションの方法としては、目に見えないものだけに偏り過ぎず、内面の変化にも力を入れていて、バランスが良いと思います。

実際のこの本の中では、各項目ごとに章が割り当てられていて、さすがin5d.com、バランスよくいろんな知識を持ってきていて、面白いです。ここではポイントのみご紹介します。

1.宇宙に意図を伝える

引き寄せの法則と同じで、最初の手順としては自分がアセンションするということを伝えます。ガーディアンエンジェル、スピリットガイド、ハイヤーセルフにその意図を伝え、自分をサポートしてくれるようお願いします。また創造主にも感謝を伝えましょう。さらに自分の体にDNAをアクティベートし、アカシックレコードの記憶を呼び覚ますよう命じます。

2.内面と対話する

自分一人の時間を過ごし、自分の心とハイヤーセルフの声を聴きましょう。心を静めることで自分を解放し、高次の思考を招き入れる余裕を作ります。瞑想をしたり、自然の中で過ごしても良いでしょう。

3.自分を愛する

あなたはミラーです。自分を愛することで、多くの愛を引き寄せることが出来ます。また愛はDNAを活性化させ、奇跡やシンクロニシティを加速させます。

4.ヒーリング

ヒーリングとは、自分の中の低いバイブレーションを、高次の光に変容させることです。体に働きかけるヒーリングのメソッドには、レイキ、マッサージ、遠隔ヒーリング、鍼・指圧などがあります。また自分で出来る内面のヒーリングの方法としては、オーラ浄化、チャクラ浄化、インナーチャイルド・ヒーリング、過去世ヒーリング、松果体活性化などが挙げられます。

5.バイブレーションを上昇させる

なぜかバシャールの話が書かれていたのでご紹介しますと、バシャール曰く、ベートーベンの交響曲第7番・第二楽章の最初の3分のバイブレーションは、自分を許し、手放すのにもってこいで、同時にバイブレーションを上昇させることが出来るそうです。是非聞いてみましょう。またバイブレーションを上昇させる方法については、次回のアセンションの方法シリーズで個別に詳しく取り上げます。

6.カルマを消滅させる

意志の力で自分の繰り返すパターンに気付き、これを解放しましょう。瞑想や愛と許しも有効ですし、セントラルサンから光のエネルギーを送ってもらい、カルマを消滅させる方法もあります。

7.思考を変える

マインドフルネスのテクニックを使って、自分の思考を観察し、ネガティブなものに気付いたら、ポジティブな考え方に変えていきましょう。

8.恐れを変質させる

この世には大別して二つの感情しかなく、すなわち愛と恐れです。恐れとはマインドが作り上げたもので、愛とはハートに存在します。アセンションとは、恐れを克服し、愛に入ること。ハートに入ってください。

9.自分の力を認める

恐れによってDNAや細胞が委縮することが亡くなった時、本当の自分自身の力に気付きます。

10.他人のために尽くす

アセンションという貴重な経験に参加できたことを、自分を導いてくれた宇宙と魂に感謝し、その感謝を他人への奉仕に変えましょう。

Free eBook! How To Ascend


すごい痒い所に手が届いてないのは、自分でも書いてて分かるのですが、詳しくは関連記事をどうぞ。また上記に挙がった中で、気になる項目があったら、そこだけピックアップして追求していくと良いと思います。

関連記事:

4ステップでカルマを解消しよう

恐れを手放して、先延ばしをやめる6つの変わった方法

感情を癒す 3.マインドフルネス瞑想を使うテクニック