豊かさとは何か 人生に豊かさを引き寄せる方法

引き寄せがうまくいかないとしたら・・・

引き寄せの法則って、「好きは好きを引き寄せる」とか、「類は友を呼ぶ」みたいな仕組みだって言われると納得ですが、豊かさを実現する話になると、まるで豊かじゃない状況を無理矢理豊かだと思い込んで感謝する的な話になりがちで、どうも辛くなります。

アファメーションを唱えるにしても、「私は豊かです(本当は豊かじゃないんだけど。うまく行くかな。どきどき)」っていう、妙に不安定なバイブレーションになってしまいます。

そもそも自分は豊かじゃないと感じる場合、豊かさに関するビジョンが固定化している可能性がかなり高いと思います。

・・・・・・・

豊かさとは何か

まず豊かさとは、何か考えましょう。何かが豊富で、たっぷりあること、数多くあることを意味します。

何かが育ち、増えていくことは、自然界の本質的な特徴です。生命の本来の姿と言ってもいいでしょう。樹木、植物、果実など、どれもそうですね。

豊かさは、多くの面で実現します。お金や所有物だけではありません

  • 愛情の豊かさ
  • 人間関係の豊かさ
  • 豊富なチャンス
  • 豊富な知識
  • 沢山の興味
  • 多くの自由
  • たっぷりの時間
  • 多くの楽しみ
  • 豊かな経験
  • 沢山の食べ物
  • 多くの良い行い
  • 豊かなエネルギー
  • 樹木や草花、水の豊かさ
  • スピリチュアルな生活の充実

豊かさは、この宇宙のいたるところに存在します。あなたの人生の中にも、もちろんそうです。

・・・・・・

豊かさを実現するために

引き寄せを阻むブロックは、大まかに言って以下の2つです。

  • 豊かさに対する固定観念
  • 自分には実現できないんじゃないかと言う不安

引き寄せの法則を実践する場合、この2つを極力排除する必要があります。

私が思う引き寄せの手順は、以下のようなものです。

  1. 豊かさのエネルギーを作り、それを味わう
  2. 何もかも忘れて楽しく暮らす
  3. 身の回りに豊かさを見つけたら、それをよく味わい、感謝する
  4. 何もかも忘れて楽しく暮らす
  5. やがて思わぬところから、豊かさが舞い込んで来る

なんだそれって思うかもしれませんが、説明しましょう。引き寄せの法則はエネルギーが基本ですから、まずは豊かさのエネルギーを自分の中に作ります。これは叶えたい豊かさをリストアップしてもいいですし、憧れの人になったところを想像するのもいいでしょう。とにかく豊かさのイメージを感じ、浸ることが大切です。自分をワクワクさせましょう。

しかし引き寄せの法則では、最初にイメージした通りのことはまず起こらないと思ってください。ですから、それはさっさと忘れましょう。忘れるというとこと、このやり方の最大のポイントです。最初にイメージしたことを日々考えることで、それに執着したり、実現できるかしら?という不安を呼び起こしてしまうのは逆効果です。さらに実現しないことで、自信を無くしてしまいます。そんなスパイラルを作るくらいなら、何も考えない方がエネルギーフロウ的には断然よくなります。ですからさっさと忘れて、今ある生活を楽しむことを優先してください。

さて実は豊かさは、身の回りレベルで実現していることがあります。さきほど挙げた豊かさのリストをもう一度見てみて、自分の身にそれが起きているのを見つけたら、喜んで感謝しましょう。また自分以外で豊かな人を見つけたら、その人になった気分を味わいましょう。幸せのおすそ分けみたいなもので、エネルギーはシェアしても使えます。

これってシンクロニシティー?とか思ったりすると、余計な執着を起こすので、また何もかも忘れて楽しく暮らします。そしてある日ふと気づくと、確かに豊かさに囲まれている自分を発見します。

もちろん期待したことが、期待した通りに叶うのが、一番分かりやすくて良いんですけどね。でも引き寄せの法則って、決して自分の思い通りのものが実現する訳ではなく、ほとんどの場合、思ってもみないものか、期待以上のものが手に入ることになります。それこそが、この法則の極意なのです。この点を理解してないと、なんだよー叶わないじゃないかって、がっくりしちゃいますからね。
ちゃんと叶うんですけど、いわば3次元的思考の枠を超えた実現の仕方になるんですよ。 

Pocket