スピリットガイドとつながれないと感じる時によくある7つの理由

スピリットガイド、ハイヤーセルフ、守護天使、直感の声、宇宙のガイダンス。呼び方はどうあれ、物理次元ではない領域とは、実際、誰でもつながっているようですね。でも私たちが思う以上につながり過ぎていて、例えて言えば、オブラートみたいな薄い壁でしか隔てられていないので、普段はまったく気付きません。もったいないですね。

彼らとつながれないと感じる時、ほとんどの場合、コミュニケーションを妨げているのは、あなた自身です。以下に挙げるような問題を抱えていると、スピリットガイドとつながれないと感じることが多いようです。

・・・・

1.つながることに力が入りすぎている

スピリチュアルワークにおいて経験が浅い場合、つながれないと感じることがありますが、これは「つながっている」という感覚が分かりにくいことから起きます。

ベストな練習法は、つながろうとしないこと。彼らとコンタクトしようとする代わりに、無心になれるクリエイティブな活動をしてみるとよいと思います。無心にお菓子を食べるとか、無心に音楽を聴くとかは、だめですよ。無心になって消費するのではなく、創作するとき、ガイドとつながっている感覚が分かります。

・・・・・・・・・

2.いろいろ散らかっている

身の回りにあるものは、あなたが引き寄せています。部屋の中や机の上が散らかっているのは、あなたのマインドやハートが散らかっている証拠です。風水でも整理整頓は重要ですが、スペースをきれいにすることで、スピリットもきれいになります。

掃除は、空間の瞑想です。スピリチュアルワークにあたって、よけいなゴチャゴチャを片付けて、スペースをクリアにする必要があるのは、マインドも部屋も同じなのです。

・・・・・・・・

3.期待しすぎる

スピリットたちとのコミュニケーションは、とてもありふれたものです。姿が見える、声が聞こえるというのは、実は3次元的な五感の範疇でしかありません。そのような形で現れることを期待してしまうと、何も起こらないことにがっくりします。

彼らは時に分かりやすくコミュニケーションをしてくることもありますが、いつもそうではありません。小さなサインですら、ないこともあります。実にごく自然な形で、誰かとの会話だったり、自分の心のように聞こえることがほとんどなのです。

・・・・・・

4.待てない

メッセージやシンクロニシティをいつも待っているのも、よくありません。それがないと不安になってしまいますし、ガイドを信頼できなくなるからです。そのような状態にあるときは、まずはその要求を手放すことから始めてください。

忍耐力をつけることは、ガイドとの信頼を築くことであり、そのようにしてコミュニケーションの絆は強まります。どんな時も、ガイドはあなたのためにベストを尽くしていることを忘れないでください。

・・・・・・・・・

5.感情が落ち着かない

感情的に不安定な時は、心の声にも耳を貸せなくなります。まずはガイドに、ハートを落ち着け、クリアにしてくれることをお願いしましょう。愛のエネルギーを送ってもらい、それで自分を包みましょう。

ポジティブなエネルギーがあなたの周りにあるほど、ガイドとのコミュニケーションも活発になります。

・・・・・・・・

6.食べ物

食べ物に囚われていると、スピリットたちとのコミュニケーションも滞ることがあります。食べるという行為は体の快感と強く結びついているので、他の感覚に注意が行きにくくなるからです。

「こうあるべき」という固定した意見を持つのは、本当にマインドのためにならないので、私自身は食べ物にこだわるのは好きではありません。でも食べると確実にエネルギーを奪われるというものはあって、それは食べないようにしています。

・・・・・

7.考えすぎ

スピリチュアルワークにおいて、エゴは最大のつまずきポイントと言っていいでしょう。自分はつながれないんじゃないかと不安に思ったり、勘違いなんじゃないかと疑ったりしていると、自分も疲れてしまいますよね。そんなに一生懸命になって、自分にダメ出しするのはやめましょう。あなたはつながっているんですけど、それに気付いてないだけなんです。

スピリットとのコミュニケーションでは、あなたが答えだと思ったものは、すべて彼らからの答えです。彼らのサポートを信じて、自分の信じる道を行きましょう。

Pocket