あなたが新しいポジティブなタイムラインにいる7つのサイン

1.以前の自分や周りの人と比べて、今の自分は完全に楽しい

周囲の人とずれを感じるのはアウェイクニングサインとして一般的ですが、ポジティブなタイムラインに乗っていると、周りの人と話した時に、どうも自分だけやたら楽しく気楽な生活を送っているらしいことに気が付きます。

2.毎日が楽しみになる

新しいポジティブなタイムラインに乗ると、毎日が楽しみになります。自分のやりたいことと、実際にしていることが同期しているからです。まだそこまで同期していないという場合でも、自分の選択が新しいポジティブな未来につながっていることを、どこか深いところで感じることが出来ます。

3.いい人ばかりに囲まれている

新しいポジティブなタイムラインに乗ると、ネガティブな人となぜか出会わなくなります。あなたのいるタイムラインのエネルギーが、ネガティブな人を寄せ付けなくなるのです。道で出会う人や、タクシーの運転手さんでさえ、みんないい人ばかりのように思えます。不思議ですが、それがいわゆる第四密度の生活というやつです。

4.不満がない

古いタイムラインの習性で、何かを深刻に考えたり、行き先を案じたりしないと一人前の大人ではないように思えますが、よくよく考えても、現状に不満がありません。新しいポジティブなタイムラインに乗ると、自分がかつていた古いタイムラインの考え方を忘れてしまうこともよくある現象なので、なぜみんなが不満ばかりを口にしているのかが理解できなくなります。

5.このままで大丈夫なのかと少々不安になる

特に万事順調という訳ではないんですけど、これと言った不満や心配もないし、どうすべきかという悩みも消え去ります。まるでその日暮らしのようになるのは、今を生きているという証拠でもあります。将来のことを考えなくてはいけないというのは、実は社会が作り上げた深い刷り込みなのではないかと感じますが、その一方で、こんなに楽しくて大丈夫なのかとも思います。

6.この先、いいことばかり起きるような気がする

でも問題が来たら、その時対処すればいいんじゃなかろうかと思い、心配を作り出すようなマインドのベクトルがなくなります。そのポジティブなバイブレーションは、必ずあなたを守ります。キープしましょう。

7.自分はもう違う場所にいることを感じる

新しいポジティブなタイムラインに乗ったからといって、古い過去の傷が全く痛まないということはありません。ずきずき痛むことはあるし、気分が引き戻されることはあるのですが、どこか深いところで、自分はもう以前とは違う場所に来てしまったことを感じます。それを地上の天国と呼ぶには気が早すぎるのかも知れませんが、ひょっとしてそうなのかも知れませんよ。


当てはまるかもだけど、だからって迂闊には信じないぞと思う抵抗も、もう要らないんじゃないかと思うんですよね。どうして人は、万が一の雨の日に備えるようなところがあるかと言うと、もちろん雨の日に辛い思いをしたくないからですけど、でもひょっとして降らないかも知れない。予報は100%じゃないですからね。

そしてもし雨が降ったとして、今のあなたにはその時に傘を探し出したり、雨宿りできる軒先を探す力が十分あるはずなんですよ。万が一の時に向けて備えなくてはいけないというのも頑なな思い込みで、たまにはその思い込みをひっくり返してみるのも、意識を拡大させる上で、とても良いプラクティスです。

大事なのは、自分の思い込みを試しつつ、それを揺さぶりつつ、新しいタイムラインの可能性へ果敢に挑戦していくことだと思います。乗って行きましょうよ、新しいタイムラインに。たとえそれが未知のものであっても。あなたの深い部分が、それをポジティブだと感じるなら。

Pocket