引き寄せの法則 願いを持つことが苦しいのはなぜ?

「叶わない夢なら、見ない方がいい」って言うJポップの歌詞がありそうですよね。

愛に基づく願望・恐れに基づく願望

ワクワクに従って進もうとか、欲しい人生を引き寄せようと考える時、自分の夢リストを作るところまでは誰でも出来るのですが、「こうしたい」と思うことでも、それが愛に基づく場合と、恐れに基づく場合があります。

それが実現しないと自分に価値がなくなるように思えたり、これまで頑張ってきたことに意味がなくなるように思えたら、その願望は恐れに基づいています。「実現しない=敗北」になるパターンです。願い続けること自体が、最終的にかなりのストレスになります。

愛に基づく場合、それが手に入らなくても、違う形で愛し続けられるから、まいっかって思えます。これがいわゆる結果にこだわらない状態です。これは実現しようとしまいと、自分の価値は変わりません。

愛と恐れ、両方の願望があってこその人間だと思いますが、その一方で、恐れに基づく願望を持ち続けている場合、実現しない限り敗北感や欠落感は続くってことですから、まったく健康に良いはずがありません。何を手にしなくとも、自分は自分のままで完璧って思いましょう。

・・・・・・・・

もっと自由に感じよう

究極的には、特定のモノや状況ではなく、それを実現させることで味わう感情が大事です。でも「どうしてもこれがいい!」ってなると、それ以外のものでは、同じ喜びが味わえないように思えちゃうんですよね。しかしそれこそイリュージョン。

大きな視点で見ると、好きなものや欲しいものって、大人になるにつれ変わるじゃないですか。一つのものにこだわり過ぎる必要も、ひょっとしてないのかも知れませんよね。

どうせ向こう側の世界には、自分の魂と愛しか持っていけないんですから。自分がいてくれて、愛がそこにあれば、それでいいんです。

Pocket