ジョセフ・ティテル氏の緊急ビデオ ラコタの終末予言が現実になりつつある?

ノースダコタにあるインディアン居留地スタンディングロックで起きたニュースが、世界の終わりと関係してるという話が出てきました。(photo by Common Dreams) 

スタンディングロックのプロテスト

米中西部ノースダコタ(North Dakota)州の石油パイプラインの建設に先住民が激しく抗議し物議を醸している問題で、米政府は、連邦政府所有地での建設作業を停止すると明らかにした。また建設会社に対して周辺地域での作業の自粛を要請した。

 この問題については、先住民スタンディングロック・スー族(Standing Rock Sioux Tribe)が、1200マイル(約1930キロ)におよぶパイプラインの建設によって飲み水が危険にさらされるとして連邦裁判所に計画中止を求めた。

米政府、先住民が抗議する石油パイプライン建設を一時停止

capture20161105235415622

要するにインディアンたちが自分たちの水源地帯に石油パイプを通すことに対して抗議運動を続け、それが実ったという話です。このニュースが恰好よかったのは、全米各地からインディアンの部族が集まってきて、スーのプロテストに参加したってところなんですが・・・。

・・・・・・・

ジョセフ・ティテル氏の予言

米国の著名なサイキックであるジョセフ・ティテル氏は、これまで東日本大震災など数多くの予言を的中させてきた。

参考サイト: ジョセフ・ティテル2016年の予言が恐ろしすぎる!

そのジョセフが最近YouTubeに上げたビデオの中で、以下のようなものがありました。あんまり話が出来すぎてるので、一応、裏を取ったというか、他のニュースソースがあるかもチェックしてあります。

みなさん、現在、地球でとても大変なことが起きています。このビデオを見ているあなたやあなたの家族、友人たちも、どうか耳を傾けてください。子どもや孫の世代、全ての人類のために、今起きていることに加わってください。

現在、ホピとラコタインディアンの予言が、現実になりつつあります。それは何千年も前に彼らの先祖によってなされたものですが、二つの部族による予言の内容は、ほぼ同一です。さらに9つある予言の内の8番目が、たった今、この時にも現実になろうとしているのです。これらのインディアン部族は互いに交流をしたとがありませんでしがた、彼らの予言は不気味なほど似ています。

ラコタとホピの8番目の予言は、このようなものです。

黒い蛇がやって来て、川を渡り、私たちの土地に入ろうとする

7つの部族が集まって、黒い蛇を退治する必要がある

もし7つの部族が敗北し、黒い蛇が川を渡ったら

それが世界の終わりの始まりとなる

みなさんはこれをどう思われるか分かりませんが、私は彼らの予言をとても重く受け止めています。ホピの予言で最後に叶ったものは、「海が黒くなり、多くの生物が死んでいくのを見るだろう」というものです。これはメキシコ湾原油流出事故のことだと言われています。

全米各地からインディアンの部族が駆け付け、スー族のもとでセレモニーを行った後、どこからともなくバッファローの大群が現れました。バッファローは全てのインディアンにとって神聖な動物であり、インディアンの言い伝えでは、バッファローが現れたら、大いなる約束を意味すると言われています。スピリットからの祝福なのです。

Standing Rock Protesters Report Wild Buffalo Sighting

また次の写真では、スタンディングロックのプロテストキャンプにあるティピーの上空に、天使のような光が移っているのが分かります。

capture20161106000129978

capture20161106000328304

(※訳注: 2枚の画像がちょうど上下につながっています。これについては他ソースがつかめませんでした)

それだけではありません。同じくスタンディングロックのプロテスターたちのもとに、ゴールデンイーグルが現れたのです。ゴールデンイーグルは、インディアンたちにとって最も神聖な生き物の一つであり、自由と守護のシンボルです。

capture20161106000613596

A Golden Eagle Lands On Standing Rock, Allows Water Protectors To Touch Him

このニュースがどうして重要かと言うと、インディアンの予言は最後の2つを残して全てが実現しているからであり、しかもその2つの予言のうちの1つは、今、現実に起きていることだからです。黒い蛇(石油パイプライン)が、川を渡ろうとしています。しかしその先に、世界の終わりが続くのかどうかは、今の私たちには分かりません。

・・・・・・・

黒い蛇は来たのか、来なかったのか?

しかし肝心の、黒い蛇の予言の裏が取れませんでした。本当にそのような予言があるのかは、分かりません。しかもホピの8番目の予言て、ヒッピーの話みたいですが、どうなんでしょうか。

長髪の若者がやってきて部族の生活と知恵を学ぶ

似たような話で、やっぱりサウスダコタの石油パイプラインが問題になったニュースがあって、プロテストで逮捕されたインディアン女性の言葉の中に、わずかに黒い蛇の話が出てきていました。

黒い蛇がこの場所に通ったら、人々は他に行く場所がない

Keystone XL And Native Americans: South Dakota Tribes Fight The ‘Black Snake’

なおスタンディングロックのパイプライン建設は、11月1日にホワイトハウスによって、ラコタの聖地に通すことを禁じる命令が出ています。

・・・・・

第五の世界は、5次元の始まりか?

ホピの9番目の予言では、「第五の世界の到来」と言うものを予言しているらしいですね。これは5次元のことか?と思って、ちょっと興奮しました。

宇宙人と交信する先住民ホピが世界滅亡の予言?救うのは日本人?

日本人が救うかどうかは、分かりませんが。この手の予言ともオカルトともつかない感じの話って、割と自分たちに都合よく解釈されてる場合が多いと思います。日本人がアトランティスとかレムリアの末裔みたいな話がありますけど、アメリカの文献を読むと、自分たちが末裔だって言ってますからね。

さて、ホピの予言はアルマゲドンドットコムで発見しましたが、長くなりそうなので、続きはまた明日。

Pocket