2016年10月31日 蠍座の新月 ブラックムーンのエネルギーリーディング

またしても特別な月齢イベントがやって来ます。その名もブラックムーンと言うんだそうです。

ブラックムーンの定義

10月31日、2:38、今月2回目の新月が起こります。ひと月の間に2回新月が起きるとき、2番目をブラックムーンと呼びます。

ウィキペディアによると、ブラックムーンの定義はいくつかあります。

  • ひと月に2回の新月がある場合、2回目につけられる呼称
  • 四季の中の一つに(一般的に3か月区切り)に、4回の新月がある場合、4番目につけられる呼称
  • 満月がない月
  • 新月がない月

Black moon; Wikipedia

今回ご紹介するのは、一番最初の定義に基づくブラックムーンです。10月1日に最初の新月がありましたから、31日は2回目なのです。

・・・・・・・・・・

ブラックムーンのエネルギー

新月とは、基本的に月齢の最初のフェイズですから、目には見えません。ですからブラックムーンも肉眼では見えないにもかかわらず、エネルギーは地球に注いでいます。

ブラックムーンが通常の新月と異なる点は、新月の持つエネルギーがさらに強調されるということろです。新月は新しい月齢サイクルの始まりであり、女性性、直感、潜在意識、クリエイティビティを象徴します。ブラックムーンには、そうした新月の持つエネルギーが、よりパワーアップするということです。

◆クリエイティビティが刺激されます。文章、絵画、デザインなど、何に携わるにしても、様々なアイデアが形を取るのに良い時期となります。日頃、こうした活動をしないタイプの人でも、たとえばドリームボードを作ったり、やりたいことリスト作成を通じて、クリエイティビティが刺激され、それがエネルギーのフロウを非常によくします。ノンジャッジで、思うままに自由にやってみるのがポイントです。

◆最近不調だったり、行き詰まりを感じていたなら、今ある問題の解決策を練るのに良い時期です。ブラックムーンを通じて、あなたにもたらされる直感のメッセージに耳を傾けてください。あなたをより高みに連れて行ってくれること、間違いありません。

◆潜在意識を深くまで照らし出すため、ブラックムーンのエネルギーが強すぎると感じる人もいるでしょう。もし心細さや不安定さを感じるようであっても、恐れる必要はありません。雑念を追い払いましょう。混乱も消し去ることが出来ます。そこに捕らわれて、足をすくわれないように。

◆全般的に、ブラックムーンのエネルギーは強力なシフトを促します。フロウに乗ってエネルギーにチューニングし、人生のバランスポイントを見つけましょう。

参考サイト: http://gostica.com/spiritual-lifestile/black-moon-30-september-2016-helping-us-manifest-greatest-dreams/

・・・・・・

蠍座の新月

今回の新月は蠍座で起こります。ちょうど蠍座には、個性を表す太陽、感情を表す月、知性を表す水星が入り、さらに魚座の海王星とトラインの角度を取ります。海王星はまさに霊性、理想を表す星であり、これは非常にドリーミー、ラブリー、クリエイティブなエネルギーを作っています。ちょうどソウルメイトを見つけるようなタイプの、ロマンチックなエネルギーですね。

一方で、牡羊座には、変化を表す天王星、山羊座には行動や競争を表す火星、死と再生を表す冥王星がスクエアの角度を取ります。これは先ほどのエネルギーとは調和しないタイプの熱い、激しいエネルギーですね。たとえば社会的な権威や自分の上司と対立し、争いが起きてしまうようなエネルギーです。

今回の新月のテーマは、ずばり「あなたは魔法を信じますか?」ということです。最初に出てきた惑星の関係と、次に出てきた惑星の関係が、まさに夢vs現実の構造になっているんですね。特に現実を表す方の星まわりには、競争や行動をもたらすようなエネルギーが集まっていますから、あなたが夢に向かって進んでいるとしたら、ここで何らかの壁にぶち当たるかも知れません。その壁を壊すのには、もってこいのエネルギーでしょう。

新月をめぐる星回りは、あなたの直感やインスピレーション、夢を強力にバックアップします。現実という壁の向こうに夢を見るのか?あなたは魔法を信じるのか?星回りは、あなたにイエスと伝えています。

Pocket