UFOに出会ったらやっておくべき10のこと

UFOを目撃したことがある?

UFOは、誰もがそうと分かるような形で現れることは、滅多にありません。あれ何?って思ってるうちに、消えてしまうなんてこともよくあります。編隊で来るとか、ジグザグ走行してるとかなら、どう考えてもおかしいぞってなりますけど、白い点とかで現れるんですよ。

それをUFOと思うかどうかは、個人の好みで、あなたが選べます。人は自分の現実を、自分で選んで作れるからです。

・・・・・・・・

UFOを目撃する意味

UFOを目撃したら、それはいわゆるウェイクアップコールです。この現実以外の世界があること、常識では説明しきれない存在がいることに、そろそろ目を向けてもいい時期だと、高次の存在があなたをつついてるんです。

ただし個人的には、それ以上でも、それ以下でもないと思っています。UFOを目撃したのは、あなたが特別だからではありませんし(みんな特別ですしね)、つまんないことに再びUFOを呼べる訳でも、宇宙人が遊びに来てくれる訳でもないんですよね。ただUFOを見たというだけなのです。そんなアホな。

・・・・・

エネルギーシフトとUFOの関係

あなたがUFOやETたちからのウェイクアップコールを受け入れ、目を覚まそうと決意するなら、その過程で、不思議なことやわくわくすることは、幾度も経験すると思います。それは確実です。ただしシフト自体は、非常にゆっくりしたスピードで展開していきますし、変化も一定ではありません。UFOを見たら急に宇宙人が現れた!とかは、ならないんですよね、これが。

ですからあなたが目覚めることを選ぶなら、今はただ、新しい現実に心を開くだけでいいと思うんです。自分を超えた何か、説明のつかない何かが存在するという可能性を持つ、新しい現実です。

・・・・・・

スターシードとUFOについて

スターシードの人なら、UFOなんて目撃した日には、ついにマザーシップが迎えに来たかと思って喜んじゃいますよね。けれどもUFOとか宇宙人、スターシードの世界は、たとえ自分の出身星が分かったところで、その先がないんですよ。「おかーさーん、帰りたーい」って思っても、帰れないですから。逆にヒリヒリするだけです。

でもよく考えたら、自分を一つの星とだけ結びつけて考えるのは、実はとても三次元的な考え方かも知れません。転生を重ねたら、いくつもの惑星や次元を経験するでしょう。宇宙船での生活も、多次元のあなたのうちの誰かがもう経験してますから、焦らなくても大丈夫。「考えるな、感じろ」です。

・・・・・・・・

UFOに出会ったらやるべき10のこと

以下の項目は、全米最大の民間UFO団体の一つ、相互UFOネットワーク(MUFON: Mutual UFO Network)が提案する、UFOに出会ったらやるべきことについてのリストです。

1.まずは冷静でいること: これが一番大切です。実際に感じられる、もしくはそのように思われる障害から、自分を守ること。いざとなったら逃げる用意をしておくこと。人生最大のイベントを経験するかもしれない。詳細まできちんと覚えておきたいなら、パニックにならないこと。

2.よく観察すること: すべてのUFOが宇宙人だとは限らにない。まずは他のものである可能性を考えよう。それらを検討したうえで、まだ答えが見つからないなら、あなたの見たものはUFOかも知れない。

3.写真や動画を撮ろう: 後で研究者が分析する役に立つ。観察地点の詳細を記録するのも忘れずに。撮影機器が手元になかったら、見えたものと周りの景色を絵に描いておこう。

4.音声で記録してもOK: テープレコーダーがあるなら、実況中継を録音してもいいだろう。観察地点を説明するのも忘れずに。どうしても記録機材が何もないようであれば、目撃の一部始終を文章で残しておこう。

5.もし他にも一緒に目撃した人がいたら、彼らにも記録を残しておいてもらうこと: 証人が多いほど、より出来事が具体的に説得力を持って伝わる。

6.UFOが現れた痕跡を残しても、それに近寄らないこと: 事件現場はそのままの状態で保存しておく必要がある。もし近寄って観察したければ、その前に写真を撮り、何がどの位置にあったか写真等で記録しておくこと。

7.遠くから目撃した場合、どれくらいの大きさに見えたか、よく覚えておくこと: 米粒なのか、錠剤なのか、コインなのか、もっと大きいのか。撮影した物体は、実際の体感と異なる場合がある。

8.自分と物体の距離、その高度、速度を目測しておくこと: どの辺りを飛んでいたか、その周りに何かあったか、目測しておこう。とくに物体だけを撮影した写真は、距離感や速度などが後からまったく確認できなくなる。

9.万が一、宇宙人との遭遇があったら、いつでも逃げ出せる用意をしておくこと: 安全な距離を取り、写真や動画で記録しておこう。それが不可能なら、身の安全を確保出来次第、絵に描いておこう。

10.目撃や遭遇の後は、速やかにUFOリサーチ団体に調査の連絡をすること: MUFONは世界最大級の団体であり、もっとも有名なものの一つだが、そのような団体は世界中に存在する。

Ten Things You Should Do If You Encounter A UFO


調べましたけど、UFO調査センター、日本には大きいのはなさそうですが、矢追さんが一手に引き受けてそうですね。

世界のUFO調査団体リスト一覧が、こちらのサイトに載っています: UFO Organizations

でもMUFONは一応アメリカだけではなく、世界中の情報を扱っているそうですから、もし目撃したら報告しましょう。思っただけで、わくわくしますね。

Pocket