あなたはもう実現してる? 5次元の男女関係

30年前のアセンション本を買ってみた

物理次元のモノを所有するのが、めんどくさい私です。古本マニアからも卒業したつもりなんですが、最近はネタで使えそうな面白い本があると、つい買っちゃうんですよね。

先週買ったのが、シーラ・ピータセン⁼ローリー著『フィフス・ディメンション』って本で、1988年初版のアセンション本です。今から30年近く前ですよ!

宇宙意識テオとのコミュニケーションが始まった著者が、彼らのメッセージや対話を伝える、伝統的スタイルにのっとったチャネリング本です。地球と人類が迎えているという変容の時代の詳細が、今、明らかになる!そんな感じの本です。

・・・・・・・・・・

5次元に移行する地球

宇宙意識テオによると、私たちは5次元に移行しつつあります。5次元とは悟りの状態そのものであり、物理次元でのスピリットの表れに注目する時代だそうです。

予言もかなり出てて、ソ連崩壊と民主化が当たってるのは、当時の情勢から言って、想定内なのかどうなのか、もはや調べる気も起きませんが。エイズとか環境破壊にフォーカスが置かれてるのが、80年代っぽい感じでした。ファーストコンタクトは1990年って書かれてます。だいぶ延びましたね。

・・・・・・・

5次元の男女関係

さらに5次元の男女関係についても書かれているのですが、これに関しては、もうとっくに叶ってるんじゃない?って思うようなことでした。テオの話を聞いてみましょう。

結婚の形態や、社会の規則はそれほど変わりませんが、関係の在り方が変わってきます。パートナーシップにおいては、ハートや経験、ライフワークなどを分かち合います。能動と受動、支配と服従などと言った役割は、もはやなくなります。5次元の関係は、強さや確かさにおいて平等な関係によって築かれます。お互いが愛と強さをシェアします。それは個人だけでなく、地球にとっても重要なことです。愛の中に存在する人類の手で、この惑星はバランスを取る必要があるからです。

80年代後半というのは、日本で言ったら男女雇用機会均等法が出来るくらいの時代で、男女の対立や主従の関係みたいなのが、際立ってあったんでしょうね。でもテオの話を聞く限り、人類はもうこの段階には到達しているように思います。やったね。私たちは未来にいるんだな。

・・・・・・

5次元のセックス

さらに5次元では、セックスがすごいことになるようです。

性的な行動は、悟りとバランスの表現になるでしょう。それは瞑想になります。5次元でのセックスの目的とは、スピリットに気付くことになるからです。性的な結合は、過去や未来ではなく、現在にいる存在を確かめることであり、瞑想と同じなのです。

それは地球的にも影響を与えます。なぜならエネルギーだからです。

相手のスピリットだけでなく、自分のスピリットや、それらが宇宙のスピリットに融合するのを感じることが出来るってことでしょうね。アレックス・グレイの絵みたいな世界ですね。まさにセイクリッドユニオンです。

「alex grey pinterest」の画像検索結果
via Pinterest

いやー、楽しみですね。

でも、もうどっちも実現してるというか、経験済みよって人もいると思います。

あと、瞑想が趣味になると、何やってもセックスしてるみたいになるようなところはあります。何事も本質的にはエネルギーの交流ですからね。

Pocket