clock-95330_1280

世界中で起きている「ミッシングタイム現象」についての15の事実

現象として発生しつつも、その理由を解明できない事例は数多くあります。科学の発展が著しい分野もありますが、もっとも素晴らしい科学者ですら何の手掛かりも持てない分野もあるのです。仮説を立てることは出来ますが、確証することはできないのです。そのような現象の一つとして、「ミッシングタイム」と呼ばれるものがあります。それは記憶のギャップであり、まるで時間が失われたかのように感じるものです。

1.ミッシングタイムは意識の中の記憶のギャップである。目が覚めて意識があるにもかかわらず、ある一定の時間の記憶が無くなることです。

2.そのギャップは数分のことも、数日のこともある。

3.よくある事例としては、ドライブや普段の行動など、何かをしている時、思った以上に長く時間がかかっていることを発見するパターンがある。

4.時間が過ぎているにも関わらず、その間の記憶が飛んでおり、何をしていたか定かではない。

5.ミッシングタイムの間の記憶は、せいぜいおぼろげにある程度だ。失われた記憶を取り戻すためには、催眠療法を受けなければならないこともある。

6.ミッシングタイム現象は、世界中、あらゆる年齢層の人々に起きている。一度だけ経験したことがあるという人もいれば、複数回あると答える人もいる。

7.心理学もミッシングタイムについて十分な説明を加えることが出来ていない。事例を考証するに、経験者たちの健康状態はいたって良好であり、メンタルな疾病などは報告されていない。

8.反対に、時間が増えたように感じる人もいる。移動や仕事を終える上で、いつもより奇妙に時間がかかるという例だ。

9.ミッシングタイムと、、エイリアンによるアブダクション(誘拐)を結びつける人もいる。エイリアンによって連れ去られた場合、戻って来た時には時間のギャップを感じるという。

10.アストラルプロジェクションが原因だと考える人もいる。無意識に肉体を離れてしまったために、時間の感覚がなくなるという。

11.集団でミッシングタイムを経験する人たちもいるため、この現象の解読がさらに難しくなる。

12.UFOを見た瞬間、気付くと違う道にいて、時計を見たら数時間も経っていたという事例も報告されている。彼らにはアブダクションされたという記憶はないが、それを大いに疑っている。

13.研究者の中には、ミッシングタイムはエイリアンによるものであり、来るべき大きな変化に向けて、我々とコンタクトを目論見ていると主張する人もいる。

14.催眠術によってミッシングタイム期間の記憶が蘇った人の中には、その記憶は偽のものだと主張する人もいる。映画やTVなどで見た光景か、もしくは催眠療法セラピストによって誘導されたものだと考えている。

15.いずれにせよ、ミッシングタイムは世界中で報告例があり、経験を話し合うインターネットサイトも多く立ち上がっている。

15 Facts About Missing Time; A Phenomenon Occurring Around The World

・・・・・・・・

ということで、事例をアメリカ最大のネット掲示板レディットで探してみました。

昨日、家族に会ったあと、車で帰るときの話なんだけど、絶対ミッシングタイム現象が起きたと思うんだよね。9:16分に実家を出て(ダッシュボードで確認済み)、砂漠の中を5、6キロ走ったところに線路があって、遮断機が下りてて、警報機のランプが点滅してた。でも列車がなかなか来ないから、窓を開けて、外の様子を伺ったんだけど、近づいてくる列車の音なんか全然聞こえなくて、ただ静かなんだ。気味悪いくらいに。で、ふと時計を見たら、11:36分だったんだよ。びっくりして携帯もチェックしたけど、やっぱり同じで、嫁と自分ともう、アホみたいにな気分だった。2時間もかかって、5、6キロしか走ってないなんて、そんなことある?

https://www.reddit.com/r/creepy/comments/4e3yaz/missing_time/

夜11:00に車から出て、タバコを吸ってたんだよ。ちょっと歩きながら夜空を見上げて、月と木星とオリオン座を眺めてたんだ。きれいだなって思って。車に戻って、ドアを閉めるときにもう一度空を見たら、オリオン座の位置がずいぶんずれてるんだ。で、時計を見たら、もう1:48なんだよ。3時間近くも経ってるんだ。

https://www.reddit.com/r/Glitch_in_the_Matrix/comments/2ckslv/missing_time/


ありそうで、なさそうで、あるかもみたいな話です。

Pocket