edwin-landseer-1531275_960_720

P・ガーフィールド著『夢クリニック 夢を実生活に活用する』

最近、町田の古本神殿こと高原書店にてゲットしたコレクションからです。

パトリシア・ガーフィールドについて、日本語の記事はネット上にはほとんど見られないんですけど、明晰夢関係では有名な研究者です。

この本の中では、望む夢を見ることで、現実にいかにポジティブな影響を与えるかということが、人類学的な調査から書かれています。

たとえばアメリカインディアンのオジブワ族の夢見、マレーシアのセノイ族の夢見の方法などが書かれています。彼らは夢に非常に重要な役割を見出していて、いかに素晴らしい夢を見るかということが現実の中でも重要な意義を持つと考えています。

※オジブワ族はドリームキャッチャーを作る部族です。セノイ族については、日本語の記事がありましたので、そちらをご参照ください。

夢を活用する人々 セノイ族

要するに、楽しい夢やインスピレーショナルな夢をいかに見るかの方法について書かれた本です。

・・・・・・・

その中から、「ヨガ行者のみる夢から学ぶこと」という部分をシェアしたいと思います。夢とイメージは同じものであり、それをコントロールするという考えは、明晰夢だけでなく、恐れを克服するという点にも役立つと思うからです。

1.夢の状態にあるあいだ中、あなたは意識が保てるようになります。(※そうなるための方法が以下です)

2.日中と床に就く直前とに、夢の意識に自分を没頭させなさい。二日ないし三日間は、夢の意識という考えについて精神の集中度を高めなさい。

3.夢をみてコントロールすることに集中できるような、穏やかな環境を、自分で工夫しなさい。

4.精神集中と瞑想に熟達しなさい。そうすれば、夢コントロール力を増大させることができいます。

5.自分の夢友だちを作りなさい。(※注:夢の中で何度も会う人に注意して、交流を図りましょう。もしくは夢の中でよく行く街に注意しましょう)

6.夢をみながら、自分が夢をみていることに気がついたら、あなたは自分の夢にどんな変化でも持ち込むことができます。

7.夢の意識をはぐくむにつれて、あなたはどんな夢イメージにも全くおじけづかなくなります。

8.あなたをふるえあがらせるようなどんなイメージでも、自分の思考から生まれ出てきたものであることを、見分けなさい。

9.夢イメージが自分の思考の影であることを認めて、夢をみていることを自覚すれば、あなたはおじけづかなくなります。夢イメージを恐れなくなれば、あなたは自分の夢を自由に、創作や治療のために用いることができるようになります。

― 『夢クリニック』より抜粋

・・・・・

夢に興味を持つようになると、だんだん現実との境界が曖昧になり、どっちでもいいやっていう気になります。そうなると余計な恐れがなくなりますから、自分のやりたいことを躊躇せず出来るようになります。

どれだけ予言的な夢を見たところで、その恐怖に踊らされているようなら、意識の構造は3次元と変わりません。平行世界の可能性とまでは行かなくても、その手触りのようなものを感じ、意識の世界を広げていけることが、夢の最大の効能だと私は思っています。

 

Pocket