fruit-1605911_960_720

バシャールが語る ”密度の定義”

おととい書いた記事なんですけど、光の速さで動画が削除されてしまいました。せっかくだからこのままのっけときます。スクリプトは元の動画を元に起こしたものです。

密度についての考えは、次のような例えで説明することが出来ます。あなたたちにとって、可視光線の存在はおなじみですね。けれども同じく光線の中でも、バイブレーションパターンの関係で目に見えないものがあります。たとえば紫外線です。目に見えませんよね。

この考え方が、密度を考える上でのヒントになります。宇宙の全ては、特定のバイブレーションを持っています。あらゆる全ての創造物は、たった一つのバイブレーションが基になって、その異なるピッチや調子で作られています。その違いが、宇宙全体を作ります。全ては、たった一つの主要なエネルギーの異なるバイブレーションの表れなのです。

異なる密度は、通常互いを見ることは出来ません。けれども自分自身というものについての考えを高め、あなた自身も異なるバイブレーションの集合体であることに気付けば、もしくは今、経験しているのが、3次元としてのあなたでしかないということが理解できれば、あなたは別の次元にチューニングし、その次元を体験できるのです。

・・・・・・・

第1密度から第7密度までは、7色のバイブレーションであり、存在の持つ7つの側面です。

第1密度は、鉱物のバイブレーションと同じです。鉱物の結晶化と同様、直線の動きと意識から出来ています。

第2密度は、植物のバイブレーションと同じです。成長する意識であり、生命体である点で、鉱物より上の次元にあります。

第3密度では、直線と平面に加えて、量という意識が生まれます。「前進する」、「振り返る」に加えて、「向上する」という意識が生まれるのは、そのためです。また第3密度は、空間と時間、二元論の中に存在します。自分と相手を分けて考えるのは、3次元的な幻想です。

第4密度では、第1密度から第3密度で作られる、タテ・ヨコ・高さという意識の制限を超えます。構造とは幻想であり、現実とは自分の中にあるものだと知ります。あなた自身というものに対する気付きが高まり、より自分自身に、さらにはより全てなる存在に近づくことが出来ます。

第5密度では、平行世界とシンクロします。多くの異なる平行世界の中で同時に行動する存在として、自分を理解します。

第6密度では、存在の同時性を経験します。平行世界の全ての自分を感じ、それらが統合されます。

第7密度では、あなたは、まさに創造主として生きることになります。あなた自身が、すべての次元、存在そのものになるのです。


一般的には、密度と次元は同じニュアンスで使われますが、違いを明確にすると、密度=意識の状態、次元=場所です。アセンションが進めば、私たちは3次元に住む第4密度、第5密度の存在になると言うことが出来ます。

ちなみに別の動画では、第5密度まで準物理次元であり、私たちも準エネルギー体となれば、5次元に入れると言っていました。

巴夏:物质密度

※バシャールは、中国語で巴夏と表記することが多いです。(別表記も見たことがあるので、たぶん、広東語とか台湾語だと若干変わるのかも知れません)この巴夏という字は、日本では「ともか」って読ませて女の子の名前にするんだそうです。せっかく可愛い名前なのに、あのスキンヘッドおじさんのおかげで、ちょっとクスっとします。バシャールもキュートですけどね。

・・・・・・・・・

私の個人的な体感ですけど、違う密度なり次元って、すでにもう空気中に入っているみたいに感じるんですよね。バイブレーションを表すのによくラジオ電波のたとえが使われますけど、普段は見えないから気付かないだけで、チューニングを合わせると、忽然と、しかも完全に現れるみたいな。

自分の中に磁場を作ることで、空気中に入ってたその周波数の電波が集まって固まるみたいな感じです。

でもすでに空気に入ってるってことは、誰でもチャンネル合わせられるんじゃんって思うんですよ。4次元でも5次元でも、ちょっとしたチャネリングみたいなのかも知れないって、いま突然思いつきました。電波飛んでてごめんね。

Pocket