バシャールの最新アップデート 2016年夏以降

現時点で、いくつか拾えた情報をご紹介します。


2016年6月19日LAでのセッション「The State of The Union」から
バシャールのお父さん現る!

この日は父の日で、なんとバシャールに代わって、バシャールのお父さんが出てきたみたいです。

バシャールのお父さんはファーストコンタクト専門家として、地球の時間にして1000年間、300もの文明と交流してきたとのことです。しかし彼らの故郷の星エササニとファーストコンタクトにこぎつけたのは、そのうちの157文明しかなく、そこからインターステラ・アライアンスに参加できたのは、たった48文明でした。
様々な理由により、エササニとコンタクトすることを選ばない文明もありました。何が自分たちにとってベストかを考えた時、別の道を選んだのです。それでもファーストコンタクトを望むバイブレーションをキャッチすれば、エササニはいつでも答えてきました。
88-22-10のシナリオ
新しくコンタクトが始まる文明には、共通するプロセスがあります。集合意識の可能性が、ある一定の基準に達すると、その可能性が現実になるというものです。彼曰く、88%可能性があることに対して、その反対が起きる可能性は22%あります。88+22=110ですから、100%で考えると計算が合わなくなります。オーバーラップする10%の部分は、未知の可能性と考えます。
%e7%84%a1%e9%a1%8c
具体的な話に移りましょう。このセッションの時点で予見された、私たちの可能性についての話です。
88%の確率で、アメリカ大統領は女性が選ばれます。22%の確率で反対のことが起きます。しかし10%の確率で、全く予期せぬことが起きます。以下の全てに、同様のことが言えます。

 

88%の確率で、今から4年以内に大きなテロ事件が起こります。これはアメリカ大統領選の結果には左右されません。

 

88%の確率で、2年以内に主要な経済調整が起こります。

 

88%の確率で、4年以内にETの存在が明るみに出ます。それ以降のコンタクトの可能性に拍車をかけます。

 

88%の確率で、5~10年以内に、海洋環境が完全に崩壊します。

 

88%の確率で、2025年までにダメージのないエネルギー技術が発見されます。

 

88%の確率で、この予測を聞いている(読んでいる)人が、バシャールの言うことを誤解している可能性があります。
バシャール家の伝統
セッションの終わりに、バシャールのお父さんは観客に、自分たちの真実の気持ちや願いを心に思うよう伝えます。それを彼がバイブレーションとしてキャッチし、今後、どのような関係を結ぶか計測したいと言うのです。さらに一族の伝統であるファーストコンタクト専門家の長をバシャールに譲り渡すと宣言し、お父さんはコンタクトのコーディネーターになるようです。

バシャールの動画がネットに上がるのは、セッションのDVDが販売になり、そのトレイラーとして上がる場合がほとんどです。バシャールコミュニケーションは版権が厳しくて、違法動画はすぐ削除になっちゃうんですよね。

バシャールフォーラムもレディットも、9月の以降のセッションについては、まったく情報が出てきてないです。そんな中、セドナのライブストリームを見たという日本人の人のブログを昨日発見しました。(勝手にリンクしちゃいましたけど、迷惑だったら言ってくださいね)
この中で、タイムラインのシフトについてバシャールが話したことが書かれています。最近日本では話題なんでしょうか?マンデラエフェクトってやつです。