趣味のチャネリング 4.チャンネルを合わせる

0 コメント


チャンネルを合わせるとは

チャネリングの文字通りの意味は、テレビのチャンネルを合わせるように、エンティティのエネルギーにチャンネルを合わせることを指します。どのようにチャンネルを合わせるのでしょうか。

人間にとってエネルギーは、感情や感覚として感じます。感覚は通常の五感もそうですが、それを超えた言葉にできない感覚もあるでしょう。

たとえば、すごく苦手な人のことを考えましょう。嫌な感じがしますね。胸がキューって縮んだり、毛糸玉みたいにモジャモジャしたものを感じたり、色を感じる人もいるかも知れませんね。

今度は、大好きな人のことを考えてみます。心がふわーっと広がる感じがあったり、温かい風を感じたり、色や光を感じる人もいるでしょう。

マインドはテレビのリモコンであり、画像を受信するのはハートや身体とです。チャンネルを合わせる存在が変われば、感じるエネルギーも変わります。
 

・・・・・・・・・

チャネリングのやり方

1.準備

まずプロテクトをかけて、軽く瞑想します。瞑想の習慣のない人なら、どっしり座って目を閉じて深呼吸をし、数分間心を静めるだけでいいと思います。

(関連記事: エネルギーバブルでプロテクションをしよう

2.サレンダー

チャネリング中は、何が起きるか分かりません。別におどかすわけじゃなく、たとえばメッセージが来ると思ってたら、ヴィジョンだったとか、そんな感じです。こうあるべき、こうなるだろうという期待を手放して、どうでもいいやくらいのフラットなマインドに持っていきましょう。

3.エネルギーを呼ぶ

自分の呼びたいエンティティに、チャンネルを合わせます。その存在を心の中に念じるだけです。呼びかけは「天使、来てください」とかでいいでしょう。

4.待つ

エネルギーはすぐにやって来ます。変化が起きる感覚が、すぐあります。たとえば天使なら、心がふわーっとなったり、光を感じたりします。そのエネルギーを体に感じましょう。馴染むまで、時間がかかることもあります。

5.チャネリングタイム

自分が聞きたいことを聞くとか、いろいろしてみたいと思いますが、最初はまずエネルギーの特徴を教えてもらうのがいいと思います。次にやる時に、つながる感じがよく分かるからです。

6.終わり

一通り納得したら、お礼を言って、ふぅっと強く息を吐いて、意識でコネクションを切りましょう。

・・・・・・・・

チャネリングでメッセージを受け取る方法

自動筆記: おそらく一番簡単に言葉を受け取れる方法です。やり方は、下のサイトが、一番分かりやすくておすすめです。自動筆記の良い点は、具体的かつ長いメッセージを受け取れるところだと思います。

参考サイト:天使の自動筆記

エネルギーから感じる情報を読む: 情報が読めたら苦労しないって言われそうですけど、3次元的な情報じゃないですよ。最初は、どんな感じとか、色、雰囲気などを感じるだけです。そこからいろんなことが分かるようになります。

エネルギーワーク: これはいわゆるメッセージとは違うのですが、私は好きでよくやっています。言葉がなくても、来たエネルギーに身を任せていれば、あとは適当にエネルギーがいろんなことをやってくれます。ハートチャクラを開くワークとか、クンダリーニ的なヴォルテックスワークとか。一見地味ですけど、これをやるとエネルギーに敏感になるし、自分でいろいろ使えるようになるし、エネルギーに関する知識がめちゃくちゃつきます。

ヴィジョンで受け取る: ヴィジョンで来る場合、何かが見えても、全く何だか分からない場合もあります。コツは考えるのではなく、感じることです。どうにも分かりにくかったら、もうちょっと分かりやすいメッセージをくれるよう、エンティティにお願いしましょう。

声を聞く: チャネリングするなら最終的には会話できるようになりたいですが、肉体の耳で声を聞くのは難しく、実際には頭の中に言葉が入って来るような感じになります。ひらめきと似ています。最初はチャネリングで会話しているふりでも全然大丈夫です。

ひらめきと違う点は、気付いたら頭の中で誰かが話してるとか、ちょっとヤバイ感じになるところです。自動筆記の練習をしていくと、最終的に書かなくても会話できるようになると思います。


エネルギーを呼んでも、その場で答えが返ってくるわけではなく、無意識のチャネリング中に分かることも多いです。特定の結果に対する期待を手放した方がいいのは、引き寄せとも同じですから、このスタンスに慣れるとエネルギーの使い方がよく分かるようになります。