一般型/オールドソウル型/新型 スターシードの3種類

スターシードって本当なんだなと、ドロレス・キャノンやエリックの話を聞くにつけ思うようになりました。


スターシードとは何か?

スターシードとは、宇宙の他の惑星や他次元での経験があり、地球の変容に携わるためにやって来たと言われる存在のことです。以下の3つのカテゴリに分かれます。

一般型スターシード

地球に順応するための転生も入れて、これまで人間としての転生が5~50回ほどありますが、そのミッションは、今世でクライマックスを迎えるようになっています。他の惑星や次元で既にに高い意識を発達させたスターシードたちにとって、地球は、人類に奉仕し、学びを経験する場所です。

平均的な人間と比べると地球での転生が少ないため、スターシードはETの特徴を少なからず保持し、ヒーリングやテレパシー、チャネリング、その他高次の意識を要する活動が得意です。スピリチュアル・アウェアネスが高まる現代に地球にやって来て、自分たちのギフトを使って人々に奉仕します。多くのスターシードがこのカテゴリに入ります。

 

オールドソウル型スターシード

彼らは人類の起源、場合によっては地球創成の時代から、何百回と地球に転生しています。彼らは地球の守り手であり、長期間に渡って地球の進化に携わるために、何度も地球に転生を重ねているのです。スピリチュアルティーチャーやシャーマン、予言者、ライトワーカー、僧侶、ヒーラー、教皇などの多くは、オールドソウル型スターシードです。

オールドソウル型スターシードの多くは、今世が人間としての最後の転生であり、その間に地球でのワークやプロジェクトを完成させることになっています。彼らは肉体とスピリットのバランスを取る能力に長けていて、地球上での数多くの転生を終えても、ETとしてのスピリチュアルなルーツを見失うことはありません。

 

 

新型スターシード

彼らは地球上に数えるほどしか転生したことがありません。もしくは今回が、初めての転生です。アセンションのこの時期、人類へのギフトを多く携え、偉大な変容に加わるために、地球にやって来ました。

密度の高いこの惑星での経験が少なく、低い意識にも不慣れなため、このタイプのスターシードは人間関係でとりわけ困難を味わうようです。クリスタル/レインボーチルドレンと呼ばれることもあり、その中にはアシュタールの子孫もいます。彼らにとって今世は、これから続く地球上の転生におけるスタートラインであり、今後のミッションにも備えています。

・・・・・・・・・・・・・

スターシードのミッション

転生前に決意して来た彼らのミッションは、地球と人類に奉仕することであり、多くのギフトを携えています。

スターシードにとっては、自分の故郷の星とつながり、自分のアイデンティティや帰属感を確認することは、とても大切です。それは通常の地球での生活では、得られないものだからです。

けれども同時に、人間として個人的なライフミッションを果たす必要もあります。地球の変容に全体として参加するだけでなく、個々に自分の魂を癒し、変容させる必要もあります。また地球での経験から学ぶことも目的の一つです。この惑星は他のどの惑星の環境とも異なり、愛と感情、それを経験する上での隔たりの星であるからです。

・・・・・・・・・・・

 全ての人類はスターシード

スターマスターたちは、地球上のすべての人類はスターシードだと考えています。DNA構造などの点から考えると、人間の肉体は地球外的な性質を含む考えることができるようです。そのような視点を持つと、人間はすべてスターシードであり、神の子どもである点において、何の違いもありません。ではなぜスターシードに興味を持たない人がいるのでしょうか。

スターシードとして覚醒する人、しない人の違い

実はどんな人も、転生のすべてが地球上で行われるのではなく、ヒーリングと修復のために他の惑星に転生することもあります。しかし大部分の人類は、一般的スターシードと比べると地球上での転生回数が大きく上回ります。(上限200回程度)ですから意識に保持している、地球のバイブレーションが色濃くなるのです。

地球のエネルギーは密度が高く、スピリチュアルな現実についてのバイブレーションを保持することは困難です。もちろん地球外の現実も、想像することすら出来ません。こうした人たちにとって、興味の矛先は日常の物質的現実であり、ETに目は向きません。

肉体に転生することで、魂が保持していた記憶は一時的に失われますから、幼いうちからスターシードとして覚醒している人も、ごくわずかです。けれども彼らは人間としての転生が比較的少ないために、ETのバイブレーションに気付くことが出来るのです。

Star Seeds, Starseeds


この記事は、「我々はスターシードであ~る。すごいんだぞ☆」みたいなスタンスじゃなくて、みんなスターシードだよって言ってるところに共感しました。

私たちはスターシード(星の種)です。種という言葉に象徴されるように、一人ひとりが宇宙の光の小さな種であり、地球上に散らばって光の芽を育て、その収穫を人々と分かち合うためにやって来ました。

バイブレーションを高く保ち、集合意識に貢献しましょう。