2016年アセンション予報 9月からのタイムライン

まったく閉店しない閉店セールかってくらい、第三の波と言われるエネルギーウェイブもこれまで何回もやって来てますが、なんとここからタイムラインが変わる可能が出てきている模様です。


タイムラインが変わる?

2016年、アセンション第三の波(※)は来る9月に届き、ここ10年で最強の光のウェーブになると予想されています。

※アセンションの3つの波に関しては、昨年末・3月・6月の3回とカウントする説と、3月・6月・9月でカウントする説があるようです。また一回の波は、強弱を変えて数日間続きます。

ここがアセンションのタイムラインにとって、ターニングポイントとなるのは間違いありません。起こりうるいくつかの未来を選択する、分岐点を迎えるということです。こうしたタイムラインの変化は、これまでもアセンションの途上で何度か起きています。集合意識としての私たちの準備が、まだ十分に整っていなかったため、予定されていたことが起きなかったとこともありました。

私たちが未来に何を望むか、9月に入る前に決める必要があります。なぜならやって来る波は、私たちが選ぶ現実に応じた光をもたらすからです。タイムラインには無数の可能性があると言え、簡単な二択に要約すれば、次のどちらかになります。

A.アセンションは加速し、2017年の次元上昇に向けて、多くの人たちの準備を促進する。光によるクリアリング、ディスクロージャー、スピリチュアル・アウェイクニングが進む。

B.アセンションはゆるやかに進み、宇宙からの介入も少なくなる。すでに目覚めた人たちにとっては不満だが、忍耐力と、集団としての行動力を学ぶ上ではよい機会となる。

ライトワーカーは、ハートをベースとする個人のアセンション活動を通じて、引き続き集合意識を上昇させてください。あなたがマスターした愛と光を使い、新しくやって来る光の波とつながり、人類を結び付けましょう。
 

・・・・・・・・・・・

アセンション加速のタイムラインを選ぶには
  • あなたのすべての言葉、行動、思考を愛とつなげてください。今すぐ学び、常に行ってください。
  • ボディ、マインド、スピリットの三位一体を、無条件の愛に基づかせましょう。愛以外の感情は、この三位一体に入ってこれないように。
  • 低いタイムラインの活動に巻き込まれるのを避けましょう。メディア、政治、経済、感情的な問題など)心配しても、固執しないこと。
  • ガイアは私たちの感情や思考をキャッチします。私たちが望むアセンションの加速を彼女に伝え、バイブレーションを放ちましょう。
  • クリスタルを使ったり、瞑想、ダンス、歌、トーニングなどのクリエイティブな活動を通じて、DNAを開き、この惑星に毎日光をダウンロードをしましょう。
  • 第三の波の前に旅行したり、特定の場所でワークする必要があると感じたら、その直感に従ってください。
  • 高次での経験を考える。それがどんな感覚か、あなたならどんな行動をするかなど、想像を膨らませてみましょう。
  • マスターとして自分の足で立ってください。ジャッジメント、疑い、恐れなどの低い感情を断ち切りましょう。

・・・・・・・・・

今後の波スケジュール

9月1日新月(日本時間18:03)、9月17日満月(日本時間04:05):集合意識のシフトをサポートしてくれます。このエネルギーをあなたのポータルを開く先鋒として使いましょう。

9月9日~11日: 第三の波が、ついに到来します。その先陣を切るのがこの3日間です。ソーラープラズマは多大な影響を受け、ガイアの磁場や次元上昇に必要な古代のバイブレーションをアクティベートします。これは大きな弾みとなりますが、私たちの意志と行動なくしは、シフトは為しえないのです。

・9月22日秋分の日: 新しいレベルの意識のゲートウェイがオープンします。太陽とガイアは強く結ばれ、アセンションのエネルギーが拡大します。

9月26日~29日: 2016年第三の波の最大のウェイブが、この時期にやって来ます。ここ10年で最強と言われています。今年に入って、そうした波がやって来るたびに、光のレベルは劇的に輝きを増し、アセンションが加速されました。この波が来る前に、私たちの集合意識は、アセンションがさらに加速することを選んでおかなければなりません。私たちには、もうそれが出来ると感じています。

Preparing For The Third Wave and Timeline Shift


この調子だと、来年も第三の波が来るんじゃないかって言う勢いですね。

アセンションの強いエネルギーが来るって言うと、台風の前の日みたいに妙にそわそわするものですけど、実際、自分の浄化がメインになって、どえらい大変な思いをすることもあります。正しい道だと信じて、がんばりましょう。