イントロバート(内向型人間)だけに分かること

0 コメント

世界の愛すべきイントロバートたちによって描かれた作品を、いくつかご紹介しましょう。

イントロバートとは

イントロバート(introvert)は、「内向的」という意味で、内気な人を表します。『刺激に敏感で大量の刺激を本能的に避けるタイプの人間』というポジティブな見方をするときもありますが、オルタナティブコミュニティー的には、エンパスが自分のコミュ障に対して自虐で使う言葉と言えます。
そんなイントロバートの生態を描いたカートゥーンを、いくつか紹介します。

・・・・・・・・・・

1.周りからは、もの静かなタイプだと思われる

Socially Awkward Bee

「なんでそんなに静かなの?すごい静か」

「心配しないで。彼女、いつもこうだから」

「どうして話さないの?めっちゃ静かじゃん」、「そうよ、話してよ」

(心の中で『このくそったれ!』と思うけど、実際は言わない)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2.美容院でオーダーを伝えるのが苦手

Socially Awkward Bee

新しいヘアスタイルに失敗しても、家に引きこもる理由が出来てちょっと嬉しい。

・・・・・・・・・・・・・・・

3.イントロバート仲間もいるけど、みんな出不精

Sometimes you can't be bothered. Actually, most of the time.

「イントロバートシグナルが聞こえる!」

「イントロバート会議の時間だ!」

呼び声に答えて、仲間たちが応答します。イントロバートA「やだ」/B「家にいるわ」/C「私はいいわ」/D「ほっといて」

「よし。いいぞ。各自任務に戻ってくれ。」

イントロバートは、内向的モードが通常任務なんですね。

・・・・・・・・・

4.パーティーでの様子

・・・・・・・・・

5.考えてることは山ほどあるけど、言葉にするのは、ほんのちょっと。

・・・・・・・・・・・

6.頭の中に宇宙が入ってる。

Saskia Keultjes:


イントロバート漫画は絵がかわいくて、切実にグッとくるのが多いです。こういうイラストが好きな人は、ピンタレストにめっちゃあります。