過去から立ち直るための9つの選択

過去の傷や悲しみ、怒りから立ち直るために、今すぐ出来る選択があります。


過去から立ち直るための9つの選択
1.今の状況に飽きる

過去に縛られて長いこと苦しんでいるのなら、もうそれに飽きてもいい頃です。過去を癒そうという意志にフォーカスしてみましょう。もう辛いのとか、うんざりですよね。

 

2.被害者意識を捨てる

過去の話に縛られているとき、あなたは自分が被害者だと思っているはずです。

  • 本当にひどい
  • どうして私がこんなに苦しまなくちゃならないの?
  • あんまりだ
  • 相手に謝ってほしい
  • 相手が悪いのだから、相手が償うべきだ
  • こんな状況になったのは、相手のせいだ
  • あまりに辛すぎて、立ち直れるはずがない

こうした考えに固執する限り、あなたはいつまで経っても先に進めません。「だって被害者だもん」て言うかも知れません。でも実際どうだったかということは、一旦置いておきましょう。被害者意識がある限り、何らかの償いや状況の回復を求めてしまいますが、それは起きないかも知れません。だったらあなたが自分の足で立ち上がり、自分で幸せを作るしかないのです。

 

3.過去の記憶で現在の自分を定義しない

過去に悲しいことがあったからと言って、今の自分を不幸だと定義してはいけません。痛みを感じているとき、まだその過去が自分とともにいることを感じ、安心感を覚えることすらあります。湧き上がる感情にかられて衝動的な行動をしたり、悲しみに浸ったりすることは、あなたの魂をひどく傷つけます。今のあなたは、もう過去のあなたを必要としないと決意しましょう。

4.マインドをニュートラルに戻す

過去に縛られている場合、あなたの身に起きたことや、もし違う行動をしていたらどうなったかなどのストーリーを頭の中で繰り返し考えています。もちろん、そんなことに意味がないのは分かっていると思います。過去の記憶が思い浮かんだら、深呼吸をして、一旦マインドをニュートラルに戻しましょう。要するに、思い出さなきゃいいだけのことですから。

 

5.ストーリーより、痛みにアプローチする

 

ストーリーは手放して、体に残る感覚にフォーカスしてみましょう。どこかに重たい感覚があったり、不安定さがあることに気付くと思います。そこに手を当てて優しくさすってあげたり、「辛かったよね、でももう大丈夫だよ」って言ってあげたり、愛を投げかけてあげることで、エネルギー的なヒーリングになります。

 

6.知らない世界を恐れない

過去の記憶に縛られているとき、あなたは自分の思考を狭い範囲に限定しています。けれども過去をヒーリングし、まったく新しい世界に飛び込むことには、不安が付きまといます。過去にまつわる感情や、なくしたものが大きいほど、それなしで生きていける自分の姿が想像できないでしょう。

けれども次のドアは開きました。あとはあなたが入るだけです。ドアが開くということは、たとえあなたが望まないにせよ、進むべき道を示されたと言うことです。こんなに分かりやすいガイダンスもありませんよ。

7.ヒーリングとは、過去を忘れることではない

過去の傷を癒すということは、それにまつわる記憶をすっかり消すことや、二度とその感情を思い出さなくなるということではありません。過去の記憶がよみがえっても、それによって現在のあなたを定義することがなくなるということです。

心にぽっかり穴が開いたようでも、焦ってそこを埋めようとせず、まずは穴があっても気にならなくなるような状態を目指しましょう。

8.今は許せなくてもいい

許せるときは、やがて来ます。でも今は、あなた自身にフォーカスすることが先決です。過去の記憶に縛られることで、どれだけ自分の時間が無駄に費やされているか考えてみましょう。

 

9.今に生きる

 

過去は去りました。もしまだ問題があるというのなら、それは現在に問題があるということです。ですから、不満があるなら、それはいくらでも変えられるということです。過去や未来を切り離し、今だけを見つめる感覚を身につけましょう。今、あなたの手にしていることが、今のあなたの全てです。今がすべてのスタートなのです。


過去からのヒーリングは、あとから振り返ってみて自分がどれだけ元気になったかを知るときに起こります。

すべてのことは必然で起きていますから、余裕が出てきたら、自分が学ぶべきレッスンは何だったのか、考えてみるといいですよ。もう学びとかいいよーって思っても、やっぱり学びはあるんです。人生とは、ヒーリングを繰り返し、本当の自分を取り戻す道のりでもあります。