ライトワーカーの基礎 光の使い方

ライトワーカーって、マスターのエネルギーを呼んで、ライトボディをチャージして、ガイアにチャネリング!とかする人ばかりじゃないですよ。


ライトワーカーの使う光について

ライトワーカーの使う光は、細かく分けて考えることもできるんですけど、究極的にソースは一つです。宇宙の愛です。そのエネルギーはハートでチャンネルします。あなたが光を使っているとき、そのエネルギーに包まれ、ライトボディもピカピカになります。無理してこしらえておく必要はありません。

・・・・

エネルギーサイクルの一部として

地球のため、人のため、貢献したいことがあるなら、どしどしやってください。けれども、宇宙のエネルギーはそれを超えたところで働いています。あなたがどれだけ地球のために尽くしても、尽くしてない人に怒りを向けるようならば、光は相殺されてしまうでしょう。光のエネルギーをチャンネルしたら、それを増幅させてソースへ返してください。これを繰り返すうちに、全体的なバイブレーションが上がります。ライトワーカーは、基本的にただそこにいるだけで、このエネルギーサイクルの一部として機能することが出来ます。

 

・・・・・・・

光の使い方 ベーシック

まずあなたがライトワーカーであれば、ハートが開くと、自動的に光につながります。私たちが”灯台”に例えられることがあるのは、そのためです。ですから、あなたの光を使うには、以下のようなことが基本ワークになります。

  • 楽しく過ごす: これは全ライトワーカーが忘れてならない基本であり、一番簡単な光の使い方です。楽しく過ごしているとき、あなたのハートは自然に開き、光をチャンネルします。ハートに流れるエネルギーのフロウを感じながら、ライトワーカーとして立派に仕事をしているのです。
  • 動物や植物と親しむ: ライトワーカーにとって動物や植物は、ほぼ同僚です。頭の中を空っぽにして、ハートを開いて彼らと一緒に過ごすとき、私たちはお互いにエネルギーで触れ合い、バイブレーションを上げています。
  • 笑う: 笑う瞬間、重たいエネルギーはパカンと開きます。それは光をハートにチャンネルするための、緊急処方のようなものです。

・・・・・・・・・・・・・・

中級篇: 人や状況のポジティブな面にフォーカスする

ここからが職場や人間関係などに、実際に役立つ方法です。やり方は簡単、どんな時も、ポジティブな面やバイブレーションにフォーカスするだけです。たとえば苦手な人であっても、よい面のみにフォーカスしてコミュニケーションを取るようにします。あなたがライトワーカーなら、イガイガした気分でいるよりは、楽しく過ごすほうが心地いいはずですから、自分のハートに従うことで自然にできるでしょう。

実はライトワーカーにとって、まず戦うべきは自分の中の闇です。だいたいのライトワーカーは、このステージで学びを繰り返します。自分のブロックがあると、他人のポジティブな面に心を開けないからです。どうしても苦手な人がいて、よい面を考えられないときは、どうしてなのか考えてください。その人のどこが嫌いかじゃないですよ。どうして自分が拒絶してしまうかです。そこに自分のブロックがあります。

・・・・・・・・・

上級篇: 相手のハートにフォーカスする

ブロックが少なくなると、自分のハートのエネルギーがよく分かります。個性は見た目は人それぞれでも、ハートの仕組みは誰でも共通していますから、相手のハートのエネルギーも感じることができるようになります。あなたのハートから、相手のハートに直接光を送ることで、それは美しく、パワフルに増幅され、ソースに還っていきます。


ライトワーカーにとって光を使うのが楽なのは、私たちのハートにもエネルギーチャージがされ、単純に心地よいからです。植物が光合成するようなものだと思っています。もちろん好きな人はいろんなエネルギーを呼んで、一緒にワークしてもいいですよね。