ノン・デュアリティー 「私がライトワーカーにならないわけ」

ライトワーカーが辛くなってしまうのは、実はそこがデュアリティーの世界だからなのかも知れないです。


ノンデュアリティーとは、非二元論という意味です。善と悪、光と闇などの対立構造を超えて、すべては一つであるという考え方です。とにかくみんな一つって言うのがワンネスなら、区別なんか本当はないと言うのがノンデュアリティーだと思ってください。

善悪や優劣を定めるというのは非常に3次元的な発想で、人々の断絶や苦しみを作り出しているのは、二元論的思考に他なりません。いつまでもそんなこと言ってたら、4次元に行けないよって話なのですが。

さて以下にご紹介するのは、Lonerwolfという、オールドソウルに強いサイトからの記事です。筆者であるルナは、自分も以前はライトワーカーに惹かれたけど、経験を重ねるうちに興味を失ったと言います。
 

・・・・・・・・・・・・・

よく人からライトワーカーだと言われることがありますが、私はそうではありません。ライトワーカーが悪いとか、間違っているとは思いませんが、ライトワーカーでいることは、メリットよりもデメリットの方が多いからです。もしあなたがスピリチュアルの成長をしたいなら、この記事が参考になるでしょう。

私がライトワーカーにならないわけは・・・

1.全体を経験するためには、光と闇が必要だから

自分の内部の闇と悪魔をよく知ることなくして、本当の光を見出すことは出来ません。汚れた部分を隠して、自己愛にのみフォーカスしても、それは偏見に過ぎないのです。

・・・・・

2.ライトワーカーという定義は、そうでない人との断絶をもたらすから

世界に尽くし、他者を助け、スピリチュアルな進化をサポートするという、ライトワーカーの定義は素晴らしいと思います。しかし皮肉にも、ライトワーカーと自らを定義することによって、私たちはワンネスから遠ざかってしまいます。いい人と悪い人、ヒーローと悪者に分けてしまうのです。人生とはそんなにシンプルなものではなく、人間をライトサイドとダークサイドに分けることは、宗教と同じゲームを繰り返しているに過ぎません。

・・・・
3.レッテルをつけると、はがれないから

オールドソウル、エンパス、スターシードなどのレッテルやタグは、ある時点までは自分を理解するのに非常に役立ちます。しかし真実を経験するためには、最終的にすべてのレッテルは取り去る必要があるのです。中でもライトワーカーというレッテルは、非常に取り去りがたいものです。自分が正義の側、人類のヒーロー、スピリチュアルリーダーだと感じるのは、気持ちがいいからです。実際は、あなたは光であり、闇でもあるというのが真実です。あなたの内部の闇を否定することは、真実を否定するということに過ぎません。

Non-Duality: Why I’m Not a Lightworker


ここで書かれた意見に、私は全面的に賛同します。いいこと言うなーって思いますし、ライトワーカーが陥りやすいめんどくささが、見事に簡潔にまとめられていると思います。

自分の中の闇を見つめず、外側を非難・攻撃すると言うのは、多くの人間に共通する特徴で、しかも自分の優位や正当性を主張するのに、正義や常識など、自分の外側の基準を必要をするのも、また人の常です。だからこうした傾向は一般的なんですけど、ライトワーカーなのに…って言うのはありますよね。

でもデュアリティーvsノンデュアリティーの対立みたいになったら同じなので、みんな好きなことすればいいと私は思います。誰もが成長の上で正しい道にいると思いますし、スピリチュアルって、究極的にはとても個人的なことだと思うからです。