environmental-protection-326923_960_720

エリック君、マザーアースを連れてくる その1:マザーの魂のルーツ

エリックシリーズの面白いのは、これまで神様や天使、宇宙人、ガイドなどを通じてしか得られなかった情報が、20才の大学生、エリックの等身大の言葉で語られるところ、しかもそれが従来のスピリチュアルの教えを、軽々と超えてしまうようなものであるところです。

今回は、エリックがマザーアースを連れてくるという超展開です。


※チャンネリング・エリックは、亡くなった20才の青年エリック君が、アストラル界からお送りするスピリチュアル学習番組です。

登場人物 

  • 母: エリックのお母さん。番組のインタビュアー。
  • ジェイミー: 霊媒
  • エリック: アストラル界にいる20歳の大学生。今回はほとんど登場シーンがありません。
  • マザーアース

・・・・・・・・・・・・・・・

マザーアースの登場

母: ハイ、エリック、今日はマザーアースを連れてきて欲しいんだけど、どうかしら?できる?

エリック: それは大役だね。ちょっと待ってて。すぐ戻る。

ジェイミー: 出て行ったとかじゃなくて、フェイドアウトした感じ。部屋の空気が変わっていく。床から90cmくらいのところまで、霧が出てきた。

エリック: マザーアースが来たよ。

ジェイミー: 一人じゃなくて、外の生命体も一緒に来てるの。”人物”って感じじゃないわね。目の前にいると、深呼吸した後みたいに胸がすごく軽く感じて、体の筋肉もすごくソフトに感じられる。でも彼女は顔があるわけじゃないから、どこを見ていいかわからないくて、ちょっと不思議。普通に会話するって言うよりも、彼女の言葉が、そのまま頭に入ってくる感じね。ここでは彼女って一応言うけど、男性、女性のどちらの特徴もなくて、もっと金属的って言えばいいのかな、コンピューターみたいな声。

・・・・・・・・・・・・

魂のルーツ

 マザーアース、あなたの魂のルーツを教えてください。

マザーアース: 私の魂は、人間の魂と同じく、神のエネルギーソースから生まれました。あなたたち同様、ソースから枝分かれしたものです。

母: じゃあ、神さまが3日で作ったとか、そういうものじゃないってこと?

ジェイミー: 彼女、笑ってるよ。彼女は特定の宗教とか信条を超えた存在なの。

エリック: そうそう。マザーアースは、神様のソウルシスターなんだ。

母: 地球は鉱物で出来てるのに、どうして生命体でありえるの?

マザーアース: 鉱物は生命体です。石や砂、粒子には、人間や動物、植物の生命に似ているところはないかも知れませんが、だからと言って、その中にライフフォースがないというわけではありません。火などのエレメントも同じように、ライフフォースを持ちます。私の内部システムは、人間と同じようになっていて、消化器系、肌、体温の違う部分、気脈、そういうものを全て持っています。ヴォルテックスはチャクラのようになっていてい、その周りにエネルギーフィールドを作ります。

・・・・・・・・・

グラウンディングの重要性

母: どうして私たちにはグラウンディングの必要があるんですか。

マザーアース: 私は、地表に住む生命体すべての共通分母だからです。エネルギーは目に見えませんから、あなたたちの側から私を感じることは難しいこともあるでしょう。けれど私の側では、すべての足を感じています。

ジェイミー: 足って、文字通り、私たちの足ってことよ。

Pocket