good-night-1505195_960_720

エリック君が語る”ディスクロージャー” その1

エリックシリーズ、めちゃくちゃ面白いです。そのうち日本でも出版されたり、ネットフリックスで番組持ったりするかも知れないですね。

今回はエイリアンがテーマなんですけど、会話が進むうちに、エリックの友達の宇宙人が9人も集まってきて…という、思わぬ展開になります。


※チャンネリング・エリックは、亡くなった20才の青年エリック君が、アストラル界からお送りするスピリチュアル学習番組です。

登場人物

  • 母: エリックのお母さん。番組のインタビュアー
  • エリック: アストラル界の住人
  • ジェイミー: 霊媒
  • エリックの友達: いろんな人がいるようです

・・・・・・・・・・・・

エリックの友達の宇宙人

母: 私たちはエイリアンなの?

エリック: 他の惑星から来てる人もいるし、もともと地球にいる人もいる。時間は直線上に並んでいないから、前世でどうだったとか、順番を考えることは出来ないけどね。

母: 何のために地球に転生してきたの?

ジェイミー: 今、エリックの友達が話してるんだけど、地球はカメみたいにゆっくりなところがいいんだって。彼らの次元では、なんでも速くて、コミュニケーションもテレパシーでしょ。だから逆に遅いスピードが楽しいんだって。それから地球での経験はスイートで優しいって言ってる人もいる。衝突があったり、スムースじゃないのがいいって言う意見もあるわね。動いているものを止めるのに衝突しなくちゃいけなかったり、お互いの意見が合わなくて争いになったりするのが、エキサイティングなんだって。それから向こうの方で、海が大好きって声が聞こえる。水の中に沈んで、その感触を感じるのは、とても気持ちいいって。

エリック: 海は地球の神秘だよ。

母: プレアデス人はどうなの?彼らは何しに来ているの?

ジェイミー: 今、ここに来てるプレアデス人が教えくれたけど、社会と人類を癒すため。文化的な影響を与えるってよりは、地球的な規模で手助けすることを考えてるみたいね。

・・・・・・・・・

ディスクロージャーについて

母: ディスクロージャーはどうなるの?

エリック: 来るよ来るよー笑。でも、あと3年はかかるかな。(この動画が撮影されたのは2015年末)アメリカ政府にもディスクロージャーの情報は行ってて、彼らをなだめてるところなんだ。それまでに、もっと多くの人にUFOを目撃してもらう必要もあるだろうし。ほんの一握りの人だけじゃなくて。

母: 時間の問題な訳ね。UFOの基地は地球上にあるの?

エリック: そうだよ。UFO基地は地球上にある。

ジェイミー: エリックが今、見せてくれるのは、フランスの山、アメリカの砂漠、カリフォルニア近くの太平洋の下、あともう一つヴィジョンが見えるけど、どこか北の方ってだけで、あとはよく分からない。

エリック: 北極にも施設はあるけど、それは基地って言うより、パブみたいなものだね。

母: 彼らの目的は何?

エリック: 人類を守ってる。地球上に基地を持っているのは同じ種族じゃなくて、3種類いる。

ジェイミー: プレアデス星人、トールホワイトエイリアン、残る一つは、見た目が光のボールみたいだけど、それ以外の情報は見せてくれないから、私には分からない。

母: 彼らは何から私たちを守ってるの?

エリック: 悪夢に直面する、心の準備はできてるかい笑?

母: 私はOKよ。心の準備が出来てない人は、ここでビデオを切ってください笑。


ということで、心の準備が出来てない人は、その2は見ないでくださいね。

Pocket