black-swan-341583_960_720

エリック君が語る”ツインフレームについて”

※チャンネリング・エリックは、亡くなった20才の青年エリック君が、アストラル界からお送りするスピリチュアル学習番組です。左の女性がインタビュアー、右の女性がエリックを呼び出す霊媒です。今回はツインフレームについて聞いてみました。

・・・・・・・・・・

ソウルメイトとツインフレームの違い

ツインフレームは、ソウルメイトと同じコンセプトなんだけど、僕が言いたいのは、みんな、たった一人の真実のソウルメイトに出会うことに囚われすぎってこと。実際、もっとたくさんいるんだから。たとえば結婚した旦那さんがソウルメイトだったとして、でも親友もソウルメイトかも知れない。そういうことはあるんだよ。

ツインフレームはまたちょっと違って、バイブレーションが君のものに近いんだ。ほとんど同じって言っていい。まるで自分が半分に割れて出来たみたいに感じるんだよね。まるで自分のクローンみたい。同じことを相手も感じるから、ツインフレームは互いに引き寄せ合うんだよ。ソウルメイトやソウルグループとは、親密さが格段に違うと言っていい。

・・・・・・・

ツインフレームは人間とは限らない

だけどツインフレームは、肉体を持ってないこともあるんだ。スピリチュアルに興味を持つ人は、ひょっとしてこのパターンもあるよね。ツインフレームが存在する目的は、相手を通じて、自分は本当は誰かっていう深い理解を学ぶことだからね。だから可能性としては、ツインフレームとの関係は、ロマンチックじゃないこともあるよ。

それとツインフレームは、一人じゃない。自分のバイブレーションに似た人は、何人かいる場合もある。でも自分の魂を相手の中に見た時、その人がツインフレームだ。

Pocket