ライトワーカーのためのダークエナジー対策

エナジーヴァンパイアどころじゃなくて、真っ黒なやつに気付いたらどうしましょうか。


多くのライトワーカーにとって、日頃コミュニケーションするのは、天使やスピリットガイド、ソースエナジーと言った光の存在です。私たちは割とのんきですから、みんなそんなふうならいいなーなんて考えて、わくわくしてしまうみたいなところがあります。

ところがどっこい、この世界にダークサイドのスピリットが存在するのは、否定できません。彼らに出会ったら、どうしましょう?

・・・・・・・

ダークエナジーの特徴

光の存在が、愛と光のエネルギーの根源として様々な現れ方をするのと同様、ダークエナジーも、闇を根源として、様々な形で現れます。

ダークエナジーはエネルギー体ですので、基本的に肉体は持ちません。けれども物や場所、人間に憑依した状態になることもありますし、人間の思考が、たとえば念のようなものとしてダークスピリットを作ることもあります。また人間の思考や感情に潜むダークなエネルギーが、嫌がらせや悪意として物理的な攻撃をしかけることもあります。

・・・・・・・

ダークエナジーは悪なのか?

スピリットの世界には、光と闇があります。もちろん究極的には一つであり、グラデーションのような濃淡になっていて、完全に二つの勢力に分けられるものではありません。けれどもグラデーションの両端には、完全な光と完全な闇の部分が存在します。

すべてのダークエナジーが、必ずしも邪悪と言う訳ではありません。恐怖や悲しみのエネルギーが現れる場合、それほど悪さはしません。怖いのは怒りや嫉妬、純粋な悪意のエネルギーがスピリットに現れる場合です。これはもう、真っ黒です。

・・・・・・・

ダークエナジーを追い払う

1.光とつながる

まずライトワーカーが普段から気を付けるべき点として、つねに光につながっておくとことです。自分がつながるスピリットは光の存在や愛のみで、低いエネルギーは寄せ付けないよう宇宙やガイド、天使などにお願いしましょう。

日常生活でも、低いエネルギーは寄せ付けないこと。これは人もそうですし、話題や場所もそうです。あなたのエネルギーが低くなることで、他の低いエネルギーをどんどん引き寄せます。仕事の都合で、やむを得ない場合、必要ならプロテクションバブルの中に入りましょう。

(関連記事:エネルギーバブルでプロテクションをしよう

 

2.ライトボディを強化する

ダークエナジーを寄せ付けないためには、自分のライトボディを強化するのが一番です。バイブレーションを上げて、あなたの光のエネルギーを普段から強化しておくと、干渉される心配はほぼなくなります。

(関連記事:バイブレーションを上げよう!33の簡単なヒント

 

3.勝てる相手と勝てない相手

まずダークエナジーには、勝てそうな相手と、絶対勝てなさそうな相手がいます。勝つ負けるという言い方は、あまり好きではないのですが、単純に自分のエネルギーが上回るかどうかってところです。

勝てそうな相手には、意識で境界を定めましょう。「ここはあなたの居場所じゃないから、帰りなさい」と、きっぱり伝えます。

勝てなさそうな相手には、絶対にフォーカスを合わせないこと。エネルギーが真っ黒なので、すぐにやばさが分かります。これはスピリットだけでなく、たとえば誰かから受ける悪意や嫌がらせについても同様です。マインドを切り替えて、さっさと忘れるようにしましょう。

相手にできるか自分でよく分からない場合は、とにかくフォーカスを合わせないでください。

 

4.エネルギーコードを断ち切る

いずれにせよ、ダークエナジーはあなたを絡めとるためのエネルギーコードを繋げてきますから、そのコードを意識で断ち切る必要があります。自分の体にまとわりついたコードをじょきじょき切って、ごみ袋に入れて宇宙に捨てちゃうようなイメージをするとよいでしょう。そんなもんを宇宙に捨てたら、不法投棄にならないかしら?なんて心配する必要はありません。不必要なものは体から落とし、新陳代謝を繰り返すのが、生命のサイクルだからです。またあなたが天使を信じるなら、大天使ミカエルがエネルギーコードを切る専門家ですので、彼にお願いしてもよいでしょう。

 

5.プロテクションとクリアリングをしっかり

エナジーヴァンパイアの記事でも触れましたが、エネルギーを吸い取られるのは、ダークエナジーやヴァンパイアそのものではなく、彼らによって引き起こされる自分の中のネガティブな反応が直接の原因です。ダークスピリットに出会うと、「うわっ、真っ黒!」ってだけでかなり大きなダメージをくらいますし、恐れや不安が後々まで残ります。ですからプロテクションをするときは、自分の中のネガティブな感情をきちんとクリアリングすることがとても大切です。

これはあなたにも必要ですし、場合によってはあなたの愛する人や家など対しても有効です。誰かにプロテクションをかける場合は、その人の姿を想像して、バブルの中に入れましょう。特定の場所にプロテクションをかけるなら、バブルを大きくすれば大丈夫です。アファメーションもしっかり使って、プロテクションをパーフェクトに強化しましょう。

例:「私は、愛と光のエネルギーにしっかり守られていて、安全です」

場所のクリアリングに関しては、こちらの記事を参照してください。

(関連記事:部屋のエネルギーを浄化するシャーマンのテクニック


 

ちなみに、いわゆる霊感の強い人というのは、その人のエネルギーが低いということでなく、よく言われるようにバイブレーションが似ていることが多いです。エネルギーが薄いというか、淡いと言うか、独特のテクスチャーがあります。

また霊媒師の人はこの限りではなく、その波動にチューニングを合わせられる人です。ですから、こうした存在に出会いたくない場合は、チューニングを合わせないことが大事です。