frog-1495034_960_720

スピリチュアル・アウェイクニング 目覚めて分かるちょっとつまんない点

そんな面白くもない点もあります。


1.人と話が合わなくなる

アウェイクニングが進むうえで、だんだん周りの人と話が噛み合わなくなります。別にいいっちゃいいんだけど、もう自分は別の場所にいるんだなと思って、ちょっと寂しくなります。

2.人付き合いが減る

従って人付き合いも減ります。アウェイクニングが始まったころは、そうは言っても人付きあいは大事だと考えたりするのですが、不必要なエネルギーの消耗はしなくてもいいことに気付きます。

3.敵がいなくなる

ダークサイドにはだんだんフォーカスしなくなるので、嫌いな人がいなくなります。でもたとえば職場では、嫌いな上司のグチを言って団結したりするようなところもあったりしますから、そういうときにちょっと困ります。

4.TVがキツくなる

TVが好きな人と一緒にいるときは、ちょっとした修行モードになります。

5.病気をしなくなる

バランスの取り方が分かるので、病気をしなくなります。風邪が治らなくて一週間とか休む人を見てると、いいなーって思います。

6.自分が特別ではなくなる

魂に優劣はなく、誰もが同じように自分の才能と可能性を持つ平等な存在だということが分かるので、自分に対する特別意識がなくなります。反面、劣等感もなくなるので、いいんですけどね。

7.人生から意味が消える

アウェイクニングが進むと、自分がただいるだけでよいと実感しますし、苦労なく、本来の力を発揮することもできます。意味が消えるというよりは、自分が存在し、体験することが意味そのものになって来ます。わざわざ生きる理由や目的、使命などを探す必要がなくなるのです。これは一見、本当につまらなそうなのですが、分からなくて混乱することがなくなるので、意外と悪くないです。

8.奇跡が減る

本来の自分が分かると、そのエネルギーに沿ったことは自然に起きますので、まるであり得ない奇跡が減ります。あり得ると分かるからです。嬉しいことが減るとか、ラッキーなことが減るとかではないですよ。魂のエネルギーにつながっていないことは望まなくなりますので、結果的にナチュラルな引き寄せが起こるということです。


アウェイクニングにゴールはなく、ただプロセスが深くなっていくのだと思います。かと言って、感情の浮き沈みがなくなる訳ではないんですけど、これと言った不安や迷い、退屈もなく、淡々とわくわくしながら暮らせるようになる感じです。

Pocket