ベッドタイムにバイブレーションを上げる20の方法

睡眠の話です。睡眠は潜在意識とつながる神聖な時間ですから、引き寄せなんかもこのタイミングを利用するといいわけです。


  1. ベッドに入る前に、大好きな人にハグしてもらう(もし一緒に住んでいたら)
  2. 忙しい日の後は、ベッドの前にシャワーを浴びて、ストレスを新井が流し、バイブレーションを上げましょう。
  3. ベッドサイドには、お水を置きましょう。夜中に喉が渇くことがあっても、いつでも補給できます。
  4. ベッドに潜り込んで、ベッドと枕とパジャマがどれほど心地いいか感謝しましょう。
  5. 一日のうちにうまく行ったことを思い出しましょう。
  6. ベッドに入る前に宇宙に質問をしましょう。仕事上での問題でどうするべきかとか、友達の誕生日に何をあげたらいいかとか。夢で答えをもらえるようお願いしましょう。
  7. 明日をどのような日にしようか想像をめぐらしましょう。
  8. ベッドルームの雰囲気をピースフルなものにしましょう。ピースフルな場所は、ピースな感情を作り出します。
  9. ベッドタイムの前にTVを見るのが好きなら、どんな番組を見るかに気を付けてください。寝ている間、一日の最後に考えたことが頭の中に残っています。バイブレーションの上がるような番組を見るようにしましょう。

 

  1. 次の日も寝ていたいなら、ブラインドを閉めるか、分厚いカーテンを使いましょう。光があると熟睡はできません。
  2. よい寝具を使いましょう。心地が良ければ、眠りの質もよくなります。よい睡眠は結果的に豊かさを引き寄せますので、寝具にかけるお金なんてちっぽけなものですよ。
  3. アラームはさわやかなものを選びましょう。眠りから覚醒へのシフトがスムーズになりまうす。
  4. ベッドに行く前に、必要なことがあれば、許し、忘れましょう。仲直りできていないケンカなどのネガティブなエネルギーは、朝まで残ってしまいます。今日起きたことで、明日を台無しにしたくないでしょ?
  5. 眠りが浅い人や、パートナーのいびきに悩まされているなら、高品質なアイマスクや耳栓を試してみましょう。
  6. 寝る前に心を鎮めたいなら瞑想をしましょう。
  7. ベッドに入る前に、SNSをチェックしないようにしましょう。リラックスには向きません。
  8. もしなかなか眠れなくても、慌てないこと。眠ろうとしなくても、眠れないことを受け入れましょう。暗闇を利用して、イメージを広げてみましょう。寝ようと頑張ると、どんどん頭は冴えます。(関連記事:ヒプナゴジアを探検する
  9. やることリストはベッドタイムの前には見ないようにしましょう。必要があるなら、もっと早い時間にチェックしておくこと。明日やる仕事を、今日の睡眠に持ち込まないでください。
  10. なるべくちゃんとした時間に寝ましょう。(それを何時と考えるかは人によって違いますが)
  11. あなたがルーシッドドリーマーなら、ルーシッドドリームを見れるよう、お願いしましょう。

20 Things To Do At Bedtime To Raise Your Vibration

You may also like...

%d bloggers like this: