気にした方がいいようで、実際気にしなくていいこと

気にしなくていいなら、気にしないです。


まず世の中には、気にした方がいいのかなって思うことと、本当に気になってしまうことがあります。

前者は、例えば、自分はそう思わないんだけど、周りの人に合わせておいた方がいいかもって思うこと。これに関しては、100%気にしなくて大丈夫です。気にした分、遠回りします。

後者の例は、誰に言われた訳でもないけど、どうしても自分で気になってしまうこと。たくさんあると思います。でもね、それも実際気にしなくていいんです。たとえば、こんなことです。

1.周りの人があなたをどう思うか

「周りの人の気持ちも考えなさいよ!」そういうセリフがありますが、実際、いちいち気にすると、牢屋の中にいるも同然の窮屈さになります。他の人の気持ちを考えるのは大事ですが、一番重視すべきなのは、あなたの意見です。

”私のことを好きじゃない人のことは、私も好きじゃない”とは、オプラ・ウィンフリーの言葉。本当に、その通りです。

 

2.見た目

完璧な見た目なんて、存在しません。美しさの基準は、国によっても変わります。身体なんて、所詮は入れ物です。あなたがビヨンセみたいじゃなくても、ビヨンセもあなたみたいにはなれないんだから、お互いさま。自分のユニークさを魅力に思う時、それは最高の武器になります。

そして、あなたが自分の心にフィットする笑顔でいることが、何より美しいジュエリーです。

 

3.お金をどれだけ持っているか

お金があるほど幸せになる訳ではなく、基本的な暮らしのニーズが足りていれば、幸せになるのに、お金が必ずしも必要ではありません。貯金の残高を気にしてばかりいるくらいなら、今手にしているものに感謝しましょう。

 

4.間違い

間違いはそこから新しい学びを得るためにあるもので、自分を責めるための鞭ではありません。

自分は自分の間違いに対してポジティブに考えられるんだけど、周りの人にどう思われるか考えると、だんだん気になるという、気にしいの複合型が現れることもあります。間違えたことに対し、取れる対策があるなら、速やかに対応しましょう。

他人の評価が気になるのは、自分のセルフジャッジが厳しいからでもあります。あなたは十分やったんだから、とりあえず自分を許して、先に進みましょう。間違いはゴールではなく、ただの通過点です。

 

5.世間体

世間体とは、まさしく人々の恐怖が生んだゴーストです。あなたの大切な人をきちんと大切にしていて、あなた自身にも誠実であるなら、100%何の問題もありません。なんで他の人が文句言うの?

 

6.他人を喜ばせること

他人に優しいのは、一見よいことですね。友達を作る上で、フレンドリーさはアドバンテージになりますが、それだけでは決していい友達はできないでしょう。もちろん冷たくあしらう必要はないけれど、あるがままで別に問題ありません。

あなたのユニークな魅力は、一緒に過ごす時間が長くなれば自然と相手に伝わりますから、焦らなくても大丈夫。

 

7.あなたを傷つけた相手を忘れること

今のあなたにそぐわない人との関係を切ることは、決して悪いことではありません。たとえ彼らがあなたを傷つけたとしても。

あなたにも言い分があったと思いますが、伝えても伝えなくても、結果は変わりません。お互いに別の道があるのです。いつまでも苦しむくらいなら、手放してしまった方がずっと楽です。

あなたは自分の成長の道を進みましょう。

www.powerofpositivity.com/7-things-dont-stress-even-think/


じゃあ、何を気にしなくちゃいけないの?って言うかも知れませんね。罪悪感を感じること、自分で自分を苦しめてしまうこと。それは気をつけなくちゃいけません。でもそれ以外は、そんなに気にしなくても、大丈夫なようにできてるみたいですよ。