一応、ディスクロージャーのお知らせ

アドロニスが言ってたやつって、これですかね?

2016年6月25日、カナダ国立UFO研究所(Canadian National Inquiry into UFOs)において、カナダ人UFOディスクロージャーのリーダーの一人、ヴィクター・ヴィッジアーニ氏が、NORADによるUFO調査の機密ファイルを個人的に入手し、公開しました。政府と軍がUFOや宇宙人に深く関わっていたことを示す貴重な資料であり、市民、特にUFOファンによるディスクロージャーを求める声が、今後一層の高まりを見せるでしょう。アメージング!ファンタスティック!

Ufology Research

・・・・・・・・・・・・・・

というハイテンションな記事を見つけました。動画は、ヴィッジアーニ氏を始めとする、ディスクロージャーチームの記者会見の模様。ユーフォロジーリサーチのサイトには、今回の資料とは別のものですが、NORADのUFO機密文書が上がっていますので、気になる方はチェックしてみてください。

・・・・・・・・・・・

しかしアメリカ政府関連のUFO機密ファイルって、しょっちゅう公開されてる気がします。実際、内密に調査はしてたんでしょうね。でもほとんどのファイルは目撃談の資料だったりして、決定的なことは明らかになりません。ツチノコみたいなもんです。
 

・・・・・・・・・・・

これだけ5次元とか4次元とか言ってるのに、物理的存在としてのUFOや宇宙人にこだわる人がいるのは、どうしてでしょうね。まるでUFOの存在が、彼らの存在証明と、ほとんどイコールになっているかのようです。

もはや祈りのようですらある、自分の生きる証。追いかけても追いかけても手の中から逃げていく、届かない夢。蜃気楼。

おそらく誰にもそういうものがあって、それは情熱なんていう単純な言葉には置き換えられない、人間ならではの切ない願いなんだと思います。

もういてもいなくても、どっちでもいいから、ただあなたたちは美しいよって言って、肩をたたき合って号泣したいです。

・・・・・・・・・・・

あと全然関係ないですけど、ディスクロージャーっていう、今を時めくイギリスの有名DJデュオもいますから、一応知っておきましょう。「ディスクロージャー来日!」とか見つけて、えっ?ってならないように。