グラハム・ハンコックが語る、シャーマニズム/エイリアン/アヤワスカ

グラハム・ハンコックは超古代文明やオーパーツの研究をしている人類学者で、『神々の指紋』というベストセラーで有名です。彼が、パラノーマルや陰謀論に強く、その筋では有名なラジオ番組、コースト・トゥ・コーストAMに出演したときのトークをまとめました。


超自然的存在

天使、妖精、エルフ、そして20世紀に入って顕著なエイリアンなど、現状の科学やテクノロジーでは説明できない存在を、超自然的存在と呼びます。彼らは物理的な次元ではなく、別の周波数を持つ領域にいると考えられます。

 

シャーマン

シャーマンは脳波をチューニングして変性意識と呼ばれる状態に入り、別次元の超自然的存在と直接コミュニケーションします。変性意識に入るには、ダンス、ドラミング、チャンティングなど、様々なテクニックがあります。人類の歴史を振り返ってみると、どの時代のどの文化にも、似た方法で変性意識に入り、異次元と交流する役割が存在するのです。

シャーマニズム, ドラム, マジック
シャーマンドラムとラトル。高そうです。

 

スピリットの領域

変性意識に入る才能を先天的に持っている人の割合は、人口の2%程度と言われます。ですから一般的な科学のツールでは把握できず、証明することも出来ません。

 

スピリット=天使=妖精=エイリアン?

シャーマンたちが交流するスピリットも含め、超自然的存在に遭遇した人たちの話には、不思議な共通点があります。何らかの形で人間を”誘拐”することがあったり、人間と動物を合わせたような外見をしていること、形や外見を変える能力を持つことなどです。もちろんその時代や文化によって特徴は少しずつ異なります。しかしこれらはすべて同一の存在なのではないかと、グラハムは考えます。

妖精や妖怪の目撃談は、中世ヨーロッパに多かったようです。

 

古代人の壁画

数万年前、人類は突如、絵画に目覚め、壁画を残すようになりました。世界各地で同時多発的にこの現象は起きますが、それは完全に自発的なものではなく、超自然的存在の指導があったのではないかというのが、グラハムのセオリーです。その証拠として、壁画の中には、動物とも人間とも見分けのつかない存在が描かれていることがよくあります。彼は、これが肉体を持った物理的存在だとは言いませんが、変性意識の中で出会った、人類以外の何かであることは間違いないと主張します。

Kimeberly, Australia 5000 B.C.
Val Camonica, Italy 10,000 BC
Chhattisgarh, India 10,000BC

 

アヤワスカ

変性意識に入るテクニックを学ぶことは出来ますが、幻覚植物を使うと簡単です。アマゾン流域ではアヤワスカと呼ばれる植物を煎じて、シャーマンの儀式に使います。「魂のつる」とも呼ばれるこのアヤワスカは、シャーマニズムとスピリットの世界をダイレクトにつなぐかけ橋であり、聖なる植物と考えられています。人々の魂を癒すヒーラーであると同時に、魂の秘密を教えてくれるティーチャーなのです。


天使や妖精、宇宙人は、それぞれ別のバイブレーションを持つと思いますが、最終的に一つのソースにつながるっていうのは、わかる気がしますね。

アヤワスカは、私もペルーでやったことがあります。面白かったですけど、個人的な感想から言えば、なくても全然大丈夫です。勿論、彼らの文化を否定するのではありません。でも特定のツールを通じてしか体験できないことを、宇宙が用意している訳がないと思うのです。