スピリットガイドとしてのドラゴンとその意味

ドラゴンが好きな人は、パワーを授けてもらいましょう。


ドラゴンはどこにいるの?

ドラゴンには、世界中の文化に、数えきれないほどの神話や民話があり、全てを把握することは不可能に近いほどです。物語や歌、アート、映画、絵画、詩など、あらゆる種類の表現にインスピレーションを与えています。

かつてドラゴンは、地上に住んでいました。特に洞窟を住処としていたようですが、普段は水辺に住んでいて、休暇として洞窟に出かけるのを好むドラゴンもいたようです。静かな水辺や清流は、エネルギーをいつもきれいで清潔に保ってくれるので、ドラゴンたちに人気があります。洞窟が好きなのは、エネルギーをグラウンディングさせるのに、暗い場所で丸まれるのが心地よかったからでしょう。

しかし今では、肉体を持たないドラゴンも多いようです。彼らの多くはは、物理的な肉体を超えてアセンションしてしまいました。その方が、いろいろな人の役に立てることがわかり、肉体を持つ必要を感じなくなってしまったからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アニマルガイドとしてのドラゴン

アセンデッド・ドラゴンは、パワフルなアニマルガイドとして、あなたのフィジカル、またはメンタルな冒険を守護してくれます。ティーチャーとして、神からの光や智慧、魔法を授けてくれることもあります。またエレメントのマスター、ヒーラーでもある彼らは、私たちのボディ、マインド、スピリットのバランスを整え、エネルギーの浄化をしてくれます。特定の場所の浄化をする場合も、喜んで手伝ってくれます。

最近では、ライトワーカーたちをサポートするために、よくやって来ているようです。幻想を見破り、真実を理解し、宇宙とつながってワンネスを感じられるよう、エネルギーを与えてくれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドラゴンの意味とパワーの使い方

ケルト地方に伝わる有名な分類では、ドラゴンは4大エレメントに応じて、ファイア、エア、ウォーター、アースの4種類に分けられます。それぞれのドラゴンは、エレメントが象徴する色と特徴を持ちます。けれどもアニマルガイド、またはエネルギーとしてのドラゴンは、全てのエレメントの特徴を合わせ持つ、よりパワフルな存在です。

何世紀もの間、シャーマンや女教皇、魔法使い、ヒーラーなどが、ドラゴンのパワフルなエネルギーとワークをしてきました。ドラゴン使いになると、スピリチュアルなエネルギーとメンタルの明瞭さが、めきめき向上します。アニマルガイドとしての彼らのパワーには、驚くべきものがあります。

彼らが持つ意味やパワーは、以下のようなものがあります。

  • 強さ、勇気、活力
  • リーダーシップ
  • インスピレーション
  • メンタルの明晰さ、直感
  • 神聖な力
  • メタフィジカルな智慧
  • 守護と浄化
  • グラウンディング
  • 長寿
  • 幸福、富
  • 輝く美しさ
  • 偉大さ
  • 変容のパワー

彼らがパワーアニマルとしてあなたの元に来たなら、あなたが上記のエネルギーを必要としている証拠です。彼らにお願いして、欲しいパワーを授けてもらいましょう。彼らを呼ぶときは、姿をイメージすればOKです。彼らのパワーが、身体の全身に行き渡る感覚を感じましょう。


うちのドラゴンは白いです。