frog-prince-1370022_960_720

3次元的恋愛と4次元的恋愛

そろそろ4次元に近づいている人たちも、いるかも知れませんね。


三次元的恋愛のキーワード

  • 分離: 人々は互いに分離し合っている。パートナーとも、別れてしまえば他人である。また宇宙とのつながりも、自覚できていない。
  • 秘密: 互いが互いの全てを知り、全てを受け入れているわけではない。パートナーは、私が本当はどんな人間か知らず、私もそれを示そうとはしない。パートナーを傷つけたくないので、言いたいことがあっても黙ってしまうことがある。
  • 条件のある愛: パートナーが自分の気持ちやニーズに応えてくれてはじめて、こちらからも関係にコミットする。満足できないようなら、関係は終わる。
  • 縛る関係: 縛ったり、縛られたりすることで、安心感を得る。
  • 期待と恐れ: パートナーが自分の条件を満たしてくれることを期待する。またその期待に見合わない時のことを恐れる。
  • コントロール: 自分に起きることを全て信頼している訳ではないので、自分や相手をコントロールし、自分の望みに叶うように調整する必要がある。
  • 依存: 幸せになるには、自分以外の人間が必要。
  • 痛みと喪失: 三次元的基準や価値で動くとき、痛みや孤独は必ずついて来る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4次元的恋愛のキーワード

  • 統合: すべてはつながっている。
  • オープンさと誠実さ: パートナーに対して全面的に正直でいる。パートナーは本当の私がどんな人間か、よく知っている。自分が100%正直でいるときに、どんな言葉が相手を傷つけるか心配する必要はない。どう感じるかは相手の責任なので、余計な推測で関係をコントロールするようなことはしない。
  • 無条件の愛: パートナーが自分の期待やニーズに応えなくても、愛は変わらない。あるがままで愛しているし、変わる必要もない。
  • 自由な関係: 今が満足であれば、特に先のことは心配しない。
  • 期待や恐れがない: パートナーが自分の望み通りになってくれることを期待していないので、ありのままの相手を愛することができるし、それに見合わなかった時に傷つく恐れもない。
  • 絶対的な信頼: すべては必然で起きているので、自分やパートナーをコントロールする必要がない。
  • 自立: 自分の幸せには、自分で責任を取り、他の人のせいにしない。
  • 愛と喜び、つながり: 四次元的価値で動くとき、愛と喜び、つながっている感覚が、常に自分の中にある。

http://iasos.com/metaphys/3d-4d/


オープンさと誠実さについての話は、自分に100%正直でいるってそういうことかと、かなり衝撃を受けました。

Pocket