ライトワーカーになるには

職業カタログにのってないお仕事ですが、とても大事です。


ライトワーカーとは

ライトワーカーは、世界に光をもたらすことを、自分のミッションと感じています。自分たちの言動が、この惑星のバイブレーションを上げることを、理解している人たちのことです。

タイダイを着たヒッピーや、ドレッド頭のヒーラーだけを指す言葉ではありません。先生だったり、シェフだったり、作家、歌手、プロデューサー、清掃員、お母さん、霊媒、いろんな職業があります。ナイトクラブにもいますし、カフェでも、農場でも働いています。

ライトワーカーは、自分の光を輝かせるものに従い、魂の呼び声とつながり、世界と光をシェアします。誰かに何かを説き伏せたりすることなく、ただ純粋に、光であり続けます。

この惑星には、2タイプのエネルギーがあります。光と闇です。光のエネルギーは無限で、ソース(宇宙の源)からやって来ます。バイブレーションが高く、愛に満ちた、拡大するエネルギーです。闇のエネルギーは、もっと濃度が高く、恐怖(エゴ)によって操作されていて、宇宙のフロウに逆らいます。

ライトワーカとは、エゴという支配者ではなく、ソースの呼び声に答えるため、立ち上がる決断をする人たちのことです。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ライトワーカーの2タイプ

ライトワーカーには、主に2つのタイプがあります。1つ目は、新しく目覚めた人たち。彼らは人生の中で、突然確たる目覚めを経験します。一度目覚めたら、もう二度と元に戻ることはありません。もはや自分がシフトしてしまったということが、彼らには明らかだからです。このように新しく目覚めた人たちは、何かが急に起きて、突如人生が変わり、大きなトランジションに飛び込む人たちが多いです。

もう一つは、レトロな人たち。彼らは、転生を繰り替えす中で何度もこの仕事についていて、自分は何か理由があってこの世に来ているという感覚があります。新しく目覚めた人たちと違って、自分の呼び声に従うのを躊躇することがあり、そうした場合、おそらく異端として迫害された過去があります。子どものころからスピリチュアルなことに興味があったり、特殊な能力を示しますが、自分の本当の姿を見せるプロセスには恐怖を感じます。

上記の2タイプに当てはまらない人でも、これからの時代は、どこかで呼び声に答えて立ち上がる魂が増えていくと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ライトワーカーの弱点

ライトワーカーの弱点は、エネルギー的に敏感になってしまうこと。テレビや映画で暴力シーンが見られなくなったり、バイブレーションがずれてきた人間関係に留まることは困難になります。周りの人のエネルギーや感情、思考をひろってしまうことも多いです。

コンシャスになればなるほど、私たちのバイブレーションは高くなり、ソースにより深くつながりますから、安心してください。そしてすべてはつながっていて、私たちそれぞれが全体でひとつなんだということが分かります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

光を働かせる/ライトワーカーになるには

ライトワーカーになるには、面倒なテストも資格もいりません。唯一必要なのは、あなたの内なる光とつながり、世界に役立ちたいという強い願いだけです。あなたの光を働かせましょう。

この記事を読むだけでも、あなたは光を働かせています。落ち込んでいるときにバイブレーションの高い思考を選ぶこともいいですし、人を批判する代わりに励ますことでも、光は働きます。光とは、宇宙の無限の愛そのものであり、そこにつながり、周りとシェアするのです。本当の自分に正直になり、愛するものに従うことでも、あなたは光を働かせます。もちろん誰かに優しくすることでもね。

長いこと、私たちは”眠った”状態でいましたが、マザー・アースが生きていくために、地球的規模の目覚めが必要になりました。このアウェイクニングはもう始まっていて、これを読んでいるあなたもそこに加わる一人だと、きっと思いますよ。

What kind of Lightworker are you?