感情を癒す 1.アプローチの基本

私たちは、感情の傷を多く抱えて大人になります。それを癒し、学びを得るプロセスは、あらかじめ人生に組み込まれているのではないかと感じます。何回かに分けて、感情を癒すために必要な知識と効果的なエクササイズを紹介します。


古い感情を癒すことは、意識上昇の上でも、アセンションでも、さとりでも、引き寄せでも、必要不可欠のプロセスです。またヒーラーの道に入る人なら、自分の経験を通じて、他人を癒すことを学んでいきますし、ライトワーカーなら、自分の中の闇を知ることで、光とは何か学びます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感情の傷がある場合、このようなことが起きます。

  • 生きにくさ、息苦しさ
  • 自分や他人を批判する
  • 摂食障害、依存症
  • 強迫性障害
  • うつ、無気力、不安
  • 不健全な、または長続きしない異性関係
  • 感情や行動のネガティブなループ
  • 身体的な症状(不眠、倦怠感、痛みなど)

その傷が悪いわけではないんですけど、ちょっとずつケアしてあげるだけで、人生は変わります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の感情を癒すことの恩恵は、もう計り知れないくらいあります。

  • 長生きできる
  • 肉体的にも、精神的にも、健康になる
  • ストレスの処理がうまくなる
  • あらゆる人間関係がスムースになる
  • 自分に自信が付き、思うように能力が発揮できるようになる
  • 毎日が楽しくなる
  • なりたい自分になれる
  • 生きたい人生を生きることが出来る
  • バイブレーションやエネルギーが、よりはっきり分かる

むしろデメリットが、なにもないです。強いて言えば、古いエネルギーを持つ人との付き合いが、しんどくなることくらいですかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてアプローチは、大きくまとめて以下の3つのカテゴリがあります。

  • 他力系: エネルギーヒーリング、レイキ、マッサージ、クリスタル、ハーブ、精油など
  • 自力系: セラピー、コーチング、瞑想など
  • 運動系: ヨガ、太極拳、気功、ダンスなど

代替医療

細かい内訳は、それこそ数限りないので、ここでは言及しません。伝えたいのは、たった一つの魔法のやり方は存在せず、上記の3つのカテゴリを組み合わせると、とても効果的だということです。

セルフケアのビギナーが最初にヒーリングをしようと考えたとき、思いつくのは他力系のカテゴリにある方法だと思います。確かに効果はありますが一時的なものに過ぎず、最終的に自力で感情に潜って解放するまで、本当のヒーリングは起きません。そしてフロウを整えるためには、運動系がとても役立ちます。

・・・・・・・・・・・・・

1回塗っただけでカサブタも全部元通りになる薬がないのと同様、1回で全てが完了するヒーリングもありません。自分でできる方法を見つけ、こまめにケアを続けることが大切です。