夢についての15の事実

夜見るほうの夢です。


1.人は見た夢の90パーセントを忘れる

 

2.目の見えない人達も、夢を見る
生まれつき目の見えない人は、匂いや音、感触のヴィヴィッドな夢を見る。後天的に目が見えなくなった人でも、視覚的な夢を見る。

 

3.誰でも夢を見る

見ないと言う人がいたら、ただ忘れているだけと言えるだろう。

 

4.知っている人の顔しか夢に出てこない

脳は、知らない人の顔を作り上げることは出来ないと言われる。夢に出てくる人は、実際に知っている人か、会ったことがあっても覚えていない人だ。生きていると、非常に多くの人に行きかう。登場人物のストックは無限にあるのだ。

 

5.誰もがカラーの夢を見るわけではない

目の見える人でも、12パーセントは白黒の夢を見るそうだ。残りの人はカラーの夢を見る。20世紀前半に行われた研究では、より多くの人が白黒の夢を見るという結果が出たが、60年代にカラーTVが普及することで、その数字は大きく変化した。

 

6.夢はシンボルだ

夢に現れるものは、潜在意識を表すシンボルである。たとえば蝶の夢を見たとして、それには意味がある。夢辞典で調べてみるとよいだろう。

 

7.夢は感情の表れだ

夢の中には、ポジティブな感情より、不安や恐れなどのネガティブな感情がより表れやすい。不安は、もっともよくある感情の例だろう。
 
8.一晩で、4~7パターンの夢を見る。

睡眠中に夢を見る時間は、平均して1~2時間となる。

 

9.動物も夢を見る

様々な動物に対して研究がなされているが、睡眠中に人間と同じ脳波が見られるそうだ。寝ている犬をよく見ると、駆けているように前足が動いたり、寝言を言うこともある。

 

10.金縛り

レム睡眠中、筋肉は麻痺している。これは夢で見たことに体が反応してしまわないように、自然と備わった機能である。しかし意識が起きた後も、そのまま体が動かない瞬間があり、これが金縛りの原因である。音や声が聞こえる場合があるのは、脳がまだ完全に目覚めきっていないことに由来する。

 

11.現実から影響される夢

寝ている間、肉体的な刺激があると、夢に現れることがある。夢の中で目覚まし時計のアラームを聞いたり、トイレに行く夢を見るのがよい例だ。

 

12.夢には男女で違いがある

男性は、他の男性の夢を見る傾向がある。研究によると、男性の夢に現れる登場人物の70パーセントは、別の男性なのだそうだ。一方、女性の夢の登場人物は、男女比が半々と言われる。また男性は女性に比べて、攻撃的な夢を見ることが多いとされる。

 

13.予知夢

いくつかの研究を比較すると、18~38パーセントの人が予知夢を見たことがあり、70パーセントの人がデジャヴを経験している。予知夢を信じる人の割合は、63~98パーセントもあった。

 

14.いびきをかく人は、夢を見ない

インターネット上で、まことしやかに言われているが、実際の研究の出どころは不明だそうだ。都市伝説のようなものかも知れないから、身近にいびきをかく人がいたら、聞いてみよう。

 

15.胎児も夢を見る

視覚が発達していなくても、胎児は子宮の中で夢を見る。音や感触で出来た世界だと言われる。

 

http://9gag.com/gag/aWZ2BN2/15-interesting-facts-about-dreams

 


夢は不思議な魅力がありますね。