夢のお供に チル・ウェーブ/ヒプナゴジック・ポップの世界

ヒプナゴジック・ポップと言われる音楽のジャンルがありまして、ついでにご紹介したいと思います。全感覚を通じて、全方向から覚醒するのが、やっぱり気持ちいいと思うんです。


ヒプナゴジック・ポップという言葉は、どうも2009年あたりから使われ出しだそうです。もともとは2000年代半ばに現れたチル・ウェーブとか、グローファイと呼ばれるジャンルから派生したものですが、ローファイでキラキラ夢心地なチル・ウェーブに比べると、ヒプナゴジック・ポップは、ややダークで、どっちかって言うとバッドトリップ感があります。

いくつか有名アーティストをご紹介しましょう。まずはチル・ウェーブ。


・・・・・・・・

ここからヒプナゴジック・ポップ。

 


私はWashed OutとSlow Magicが好きです。ほわわーんとした感じがいいですね。


Leave a Reply