【海外の反応】同じ場所を夢で見る

夢に出てくる場所が、毎回じゃないけど、いつも似たようなパターンという経験はありますか。それにはどんな意味があるでしょう。


質問: 私の見る夢の大きな特徴として、何度も同じ場所に行くのです。実際に存在する場所もあるし、架空の場所というか、実際には知らない場所もあります。ストーリーは毎回違うのですが、だいたい3~4か所をローテーションしています。こうした夢には、何か意味があるのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・

解答:

—— これはユングやその他、夢を研究する心理学者・精神医によって、長年議論されている話題ですが、夢で見る場所は、夢を見た本人の状態や人生を表すシンボルになります。何度も見る夢を考えてみてください。その場所が世界のどこにあるか、おそらくあなたには分かるのではないでしょうか。場所の特徴が自分にとって何を表すのかについて、考えてみるといいですよ。

 

—— 僕も、同じ場所を何度も夢に見ます。ほとんどは実在しない場所だけど、よく覚えています。 田舎道や川をよく見るし、大きな遊園地もよく見る。あとは、おばさんの家の台所とか。

田舎を夢に見るときは、僕の心の原点にある風景かなと思う。遊園地は、人生におけるチャレンジやミステリーを意味し、おばさんの家の台所は、懐かしくて落ち着ける場所っていう印象がある。でも実際の人生と関係しているとは思えないけどね。

 

—— 夢で見る場所を客観的に理解するのは、僕には難しいな。夢の舞台は、心が作った景色と言うか、記憶やイメージのスクラップによるコラージュでしかないからね。

 

—— 夢で見るということは、少なくともその場所があなたにとって意味があると言うこと。どんな意味があるのかは、わからないけどね。夢は本来、ランダムなものだから、何度も見る場面があったら、意識的にしろ無意識的にしろ、あなたがそれをずっと考えてるっていうことです。どうしてその場所が重要なのか、自分に聞いてみましょう。夢はとても主観的なもので、誰か別の人に分析してもらうようなものではないと思います。だから自分の感覚で、意味を見つける必要があります。

Quora,


Quoraというサイトは、最も中立なサイトで、スピリチュアルな意見とか、何かのシンクロニシティ?みたいなことは書かれていませんでした。でもいろんな意見があって、面白いですよね。

頻繁に見る景色は、まず別の次元のあなたの人生という可能性があります。いわゆる前世ですが、最近のスピリチュアルの傾向では、平行世と考えます。あなたの意識が、別の次元の自分から眺めた世界を見ているのかも知れません。

夢を見ている間、魂は肉体を離れ、魂の故郷であるスピリットの世界に戻ると言われます。肉体を持って生きることは、魂にとっては、まるで檻の中に入って暮らすようなものなので、その呪縛から離れて、のびのびやりたいんだそうです。

夢でよく見る風景に、非常な懐かしさや、安心感を覚えたりする場合、それは魂のあなたがスピリットの世界でよく行く、大好きな街なのかも知れません。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村