恐れを引き寄せるのはもうやめよう。

ポジティブにいようと思っても、体の奥の方でそれを全力で否定するヤツがいますね。そいつをどうにかしましょう。


恐れとは、新しいことやポジティブなことをしようとするときに、いっつもやって来ては足をひっぱる困ったやつなのですが、自分の希望を叶えようとするその裏で、「できない、うまくいかない、失敗する、傷つく」≒身の危険と脳が判断してしまうことで、毎度毎度、足がすくんだり、心が縮むような思いをしてしまう訳です。

恐れを乗り越えることは、誰もが学べるスキルです。問題なのは、多くの人が恐れにしがみついてしまうこと。恐れは、表面から見える以上に根が深いもので、もはやその人の人格の一部にもなっているからです。恐れに向き合う準備が出来ていなければ、それを乗り越えることは恐らくできません。でもこの記事を読んでいるあなたは、次のステップへ進む準備が出来ているのだと思います。今、すべての恐れをクリアに出来なくても、いいんです。インスタントでは出来ません。でもその存在に気づいて、正面から戦おうと思ったあなたに祝福を。

さあ、恐れをやっつけるための方法を紹介しましょう。順番に進んでも、途中を飛ばしても、好きなものだけピックアップしてもOK。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.気付く

恐れを乗り越える前に、まず恐れがあなたの人生の障害となっていることに気づきましょう。でも恐れはあなたの中にあって、外側にはありません。たとえ恐怖が生まれる状況にあったとしても、それは状況のせいではなく、あなたが、自分自身で作り上げた恐怖です。他の誰のものでもありません。

2.識別する

自分が何を恐れているのか、細かく探りましょう。この状況で何が起きると、どんな気持ちがして、それが恐怖になっているのでしょう。自分の内側に入って、よく探ること。

3.好奇心を持って探究する

さあここで好奇心を持って自分を観察してみましょう。恐れを感じるとき、体のどこで感じているか。心や体がそれに、どんな反応をするか。起きていることを観察しましょう。

4.深呼吸する

姿勢を正して、深くゆっくり呼吸をしてみましょう。息を吸いきったら、少しの間止めて、お腹の底から息を吐き切りましょう。吐く息と一緒に、不安がすべて体の中から出ていくところを想像してください。呼吸は、今この瞬間にあなたの意識を向ける、とても簡単でパワフルな方法です。

5.恐怖の根っこをたどる

あなたの恐怖の根っこは、何でしょう。おそらく昔にさかのぼって、似たような状況で似たような恐怖を感じた経験があると思います。たとえば大勢の前で話すことが怖いのだとしたら、それを最初に感じたのはいつ、どんな時だったでしょうか。全ての恐怖には、必ず根っこがあります。

6.自分の気持ちを認める

根っこをたどって一番古い恐怖が見えてきたときに、その時の状況や感情をよく味わいましょう。おそらくあなたは、まだ小さい子供だったかもしれません。その時、誰に対して、どんな風に思っていて、本当はどうして欲しかったのか。あなたの深いところで、恐怖に震えている子どもの自分を優しくいたわってあげましょう。

7.気持ちを書き表す

紙に自分の恐怖を描いてみるのは、重要です。考えてばかりだと、ネガティブ思考が頭をぐるぐるするだけで、まったく前に進みません。

8.感謝する

恐怖を感じるたびに、感謝の気持ちに思考をスイッチしましょう。自分が成長し、次のステップに進めるチャンスを与えてくれたことに。

9.話す

他の人にどう思われるかを恐れるあまり、人に話すことをやめていませんか。自分の抱く恐怖について、誰かに話してみると、心がすっきりし、気分も落ち着くものです。

10.読む

恐れを克服するための本が、それこそ沢山あります。最新の研究によるものが良ければ大型書店へ、古典的なメソッドを知りたければ図書館でもOK。またインターネットを探せば、よい記事がいくらでも見つかるでしょう。

11.行動する

恐れは所詮、自分の想像の産物にしか過ぎませんが、実体を持ってそこにある限り、実体のある解決策が何より有効と言えるでしょう。行動に出たとき、恐れは消えます。消えないまでも、弱まります。なぜなら想像していたより、やってみるとたいしたことないと言うことが分かるからです。

12.食事に気を付ける

食べものが感情にダイレクトな影響を与えるって知っていますか。砂糖や添加物、甘味料ばかりを摂っていると、かなりパワフルにバランスを崩します。自分の体に合った健康的な食事に変えるだけで、感情のバランスは驚くほど変化します。

13.意味を考える

全ての物事は、意味があって起きていると私は考えます。もちろん、あなたが今抱いている恐怖にも、意味があります。恐れを学び、克服し、解放されるまでの一連のレッスンは、人生の醍醐味です。あなたは何を知り、何を学ぶべきなのか、よく考えてみましょう。

14.祈る

宗教的な考えを抜きにしても、祈りの持つパワフルな力を利用しない手はないと思います。誰に祈るかは、あなたのフィーリングに合う存在でOKです。祈ることで、守られている感覚を知ることができます。

15.専門家に頼む

インターネットを探せば、恐怖を克服するためのセラピーやワークショップ、セミナーが、ごろっごろしています。どれを選ぶかは、あなた自身の感覚に頼るのが一番だと思いますが、どれほど多くの人たちが個人的な恐怖を抱え、それを克服しようともがいているか、それこそ、同じような人もごろっごろいますから、大丈夫。EFT

16.最悪のシナリオを考える

考えられる限り最低・最悪のシナリオを考えて、来るべき恐れに備えましょう。それに比べれば、今の状況なんて、まだまだ子供だましだって思えるのが、この方法の最良の点です。

17.これまでのパターンを変える

恐怖を抱えているとき、それを恐れるあまり、人は最悪の行動パターンを取ってしまいがちです。これまでもし似たような状況に陥ったとしたら、いつもどんな行動を取っていたか分析して、リストアップしてみましょう。それから、そのリストの項目を眺めて、まず自分がどれだけアホだったを確認し、今度はそれと逆の行動を取ってみましょう。

18.恐れを認める

希望と恐れはコインの裏表。片方だけ手に入れることは出来ません。いくら希望にフォーカスしたところで、その裏側が手に入る可能性だってあるのです。それでもいいやと思えると、ずいぶん心が軽くなります。

19.全てはプロセスだと考える

あなたが恐れていることが実際に起きたとしても、世界の終わりではありません。人生は続いていくし、また違うチャンスが来るでしょう。別の興味が出てくることだって、考えられます。全てはあなたの人生で必要なプロセスです。

20.受け入れる

何が起きても、これまでだってなんとか立ち直って来たし、今回も乗り切れると思いませんか。あとは宇宙におまかせで。あなたは幸せになるために、この世界にやって来ました。ちょっとくらい手痛い経験があっても、それは幸せになるための途中休憩所みたいなものです。来るなら来い。大丈夫。そう思えたときに、初めて恐怖はあなたの手を離れていきます。

Wake Up Cloud


ちなみに私は総仕上げとして、散歩に出かけ、風に吹かれます。そうすると、すっきりします。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村