どんな人がドラゴンにつながりやすいの?

知れば知るほど深いドラゴンの世界。でも誰でもドラゴンを呼べるということではなさそうです。ではどんなタイプの人が、ドラゴンに好かれやすいのでしょうか。


ドラゴン召喚の伝統

ドラゴンは世界中の文化で古くから見られる伝説の聖獣です。

ドラゴンを呼ぶ場合、西洋では伝統によって大別して3種類あります。

1、魔法使い(ペイガン、ウィッカ、ウィッチ)が魔法の儀式を使って呼ぶ

2.エネルギーワーカーがドラゴンのエネルギーを呼ぶ

3.シャーマンがパワーアニマルとして使う

どれもやることは同じなのですが、使うツールが違います。魔女はハーブやクリスタルなどのエレメントを、ライトワーカーはエネルギーを、シャーマンはイメージを使って、ドラゴンの意識や存在にチューニングするのです。

・・・・・

どんな人がドラゴンにつながりやすいの?

すべての人がドラゴン使いになれる訳ではないことに注意しましょう。あなたがドラゴンを選ぶのではなくて、ドラゴンがあなたを選びます。

またドラゴンは、あなただけのものではありません。彼らは考えられないほど長い間、たびたび人間の意識とつながっては私たちに智恵を授けてくれています。敬意を持って接しましょう。

ドラゴンたちは、強い力と大きな知識を扱えるよう、あなたを教え、鍛えてくれます。彼らには時間や空間の概念は通用しないばかりか、想像と夢をはるかに越えた存在です。彼らとともにどんなワークがしたいのか考えましょう。恋の魔法などと言った世俗的なものより、プロテクションやヒーリングワークに協力を願う方が喜ばれるようです。

あなたが個人の利益や興味からだけでなく、人類や地球全体に奉仕する気持ちで召喚するなら、彼らはきっとあなたのサポートにやって来るでしょう。

また彼らは、勇気や不屈の精神をリスペクトします。あなたの中にそのようなクオリティがあれば、彼らは喜んで協力してくれるでしょう。

・・・・

ドラゴンとの絆を強くする

一般的に、ドラゴンとの絆を強くするには、彼らの姿をかたどった絵や置物を、家の中に置いて、常に眺めるとよいとされています。もしあなたがドラゴンに興味があり、ドラゴンの写真や絵、置物やチャームなどを集めている場合、実はもうドラゴンがすでにあなたの部屋に来ているかも知れません。

ドラゴンにつながるためには、まず科学的なことは頭の片隅に追いやって、ハートを信じましょう。ハートにこそ、すべての世界への扉があります。もちろんドラゴンとつながるポータルもそこにありますから、自分のハートを開き、ハートとつながりましょう。


ドラゴンブームです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村