バシャールがオーブについて語る

バシャールとはダリル・アンカが80年代からチャネリングする宇宙的存在ですが、オーブについて説明している動画を見つけましたので、訳してみました。宇宙人はオーブをどうみているのでしょう。

客: こんにちは、バシャール

バシャール(以下、バ): こんにちは、元気そうだね。

客: 私は去年からオーブの写真を撮り続けてるんだけど、オーブについてもっとよく知りたいです。なぜ現れるのとか。

バ: それには様々な理由があるよ。一般的に言って、あれは意識の塊だ。情報を集めるために操作・使用されているものもある。わかるかな。

客: もう少し詳しく。

バ: それはある一定の周波数にチューニングされた電磁波エネルギーで操作されているんだ。ひょっとしてあなたの星のある種の情報を集めるために遠隔操作されているかもしれない。あなたがその周波数を受け取りやすくなっていると、肉眼でも見えるだろうし、その周波数に耐えうるカメラ機器なら撮影も可能だろうね。それから今説明したものと似てるんだけど、外部から操作されているのではなく、自分から動いているものもある。そういう場合、あなたちの次元には属さない知的存在であることが多くて、あなたたちの次元にフォーカスすることで、自分たちの意識の一部分だけを、ああいう形で動かすことができるんだ。彼らは何らかの情報を集めに来ているのかも知れないけど、誰かによって動かされているわけではない。ただ形としては、同じように現れているね。
 

客: だんだんわかってきました。オーブは私のガイドである可能性はありますか。あなたはオーブとして現れることはできますか。

バ: できるし、したこともあるよ。

客: あれは私のガイドですか。

バ: 時々。時々そうだね。

客: それから私が気付いたのは、オーブは人が多くいるところに来たいみたいだし、喜びのエネルギーがあるときなんかが好きみたいなんですけど。

バ: そうだね。そういうバイブレーションは次元間を超える存在にとって、誘導因子となるんだ。より水晶化しやすいエネルギーなんだよ。彼らがやってきた次元の周波数に合わせれば合わせるほど、その次元からの存在を目撃しやすくなる。あなたは周波数が合っているんだね。

客: なんらかの形で彼らを利用できますか?私がこの惑星に使える方法とか。

バ: 彼らに聞いたらいいよ。そこで考えなさい。中心に行くためにスパイラルを使うときは、質問して、考える。あとは夢に注意すること。それとシンクロニシティにも。みんなにわかって欲しいことがあるんだけど、ガイドでもそれ以外でも、スピリットの世界や他の周波数の世界につながっている存在に質問したとき、あなたが得る答えと言うのは、多くの場合、身の回りで起きるシンクロニシティの形になるんだ。実際に頭の中で声が聞こえるというよりはね。あなたの注意を引くために、あなたが不慣れな方法を使うより、すでにあなたの目の前にある道具を使う方が簡単なんだ。あなたの意識を指揮してると言ってもいいかもね。あなたが注意してなかったり、見てなかったりするときでも、あなたの周りにあるものに別次元からの情報を運ばせて、気づかせる。そういう風に、こちらからのメッセージを届けるんだ。わかった?

 

Bashar – Orbs : YouTube

 

スピリットの世界にはたった一つの答えはなくて、いくつもの可能性がある中から自分に一番しっくりくる答えを選ぶことになるのかなと思います。それが多次元やマルチユニバースの考え方なのかなと。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村