潜在意識を解放する10の方法

意識について学ぶほど、潜在意識の可能性と面白さにぐんぐん惹かれるわけですが、今日はそれをどうやって鍛えるかについて、ヒントをご紹介しましょう。


 

1.瞑想を日課とする

瞑想はクリエイティビティを刺激し、願望実現に必要なエネルギーを与える、とてもよいプラクティスです。顕在意識に起こりがちなジャッジメントや不安を手放し、今、この瞬間の感覚にとどまることは、潜在意識とつながることでもあります。

瞑想で心が静まり、完全にリラックスできたら、自分が実現したい願望を言い聞かせるように潜在意識に伝えます。そうすることで、その願望と同じバイブレーションを自分に作ることができます。

 

2.視覚化

欲しい物やなりたい姿は、どんどん視覚化しましょう。はっきりしたアイデアはありますか。どのように実現するかは、心配しないこと。詳細なビジョンを、パワフルに思い浮かべましょう。その時生じるバイブレーションが、夢の実現に役立ちます。視覚化には、チェックリストやドリームボードを作ってもよいでしょう。

 

3.信じる

自分の望みは、実現可能だと信じる必要があります。それは可能だと、知ってください。疑いや恐れから、あなたの夢やゴールに背くような行動を取らないこと。

 

4.直感に従う

心の声に耳を傾けましょう。直感に従って行動しましょう。頭で考えた「~すべき、~しないべき」という考えは、ときに雑音にしかならないこともあります。

 

5.時間のリミットを設けない

実現までに時間のリミットを設けてはなりません。かわりに、必ず起きると認めて、自然にまかせましょう。顕在意識を使って、思考から時間の枠を取り除きましょう。

 

6.ポジティブシンキング

潜在意識は、疑問を持ちません。顕在意識のように、絶えず何かに興味を持ったり、疑ったりというようなことはないのです。何を言われようと、それをそのまま信じて従います。幸せと愛にあふれたポジティブな思考を持てば、潜在意識は喜んでそれを受け取るでしょう。

 

7.ポジティブセルフトーク

自分に対して、ポジティブでよいことのみ考えるようにしましょう。一人の時間に考えたり、分析したりしていることは、絶え間のないフローとなって潜在意識に流れ込んでいます。ネガティブな思考は、顕在意識を使って極力取り除きましょう。

 

8.不必要なことは吸収しない。

使っていないときは、テレビやラジオを消しましょう。BGMとして流しっぱなしにしないように。周りの人のおしゃべりも、必要なければ自分を合わせないようにしましょう。不必要な雑音は、注意していないと潜在意識にそのまま流れ込んでしまい、気付かぬうちに疲弊します。

 

9.余暇をクリエイティブに過ごす

クリエイテイブな活動は、潜在意識の活性化にたいへん役立ちます。絵画、彫刻、ダンス、写真、詩、夢中で没頭できることなら何でも構いません。恐れや不安といったネガティブな思考は一掃され、まるで潜在意識の大掃除のような効果を発揮するでしょう。

 

10.睡眠を使う

潜在意識は、昼も夜も一日中働いています。起きているときも、寝ているときもです。ただし寝ている間、顕在意識はオフになり、あなたと潜在意識だけが直接つながっている状態になります。眠る前にポジティブなことを考えたり、夢日記をつけるなどして、睡眠を有効活用しましょう。夢は潜在意識があなたに語りかける方法です。

How To Tap Into Your Subconsciousness – A 10 Step Guide : Operation Meditation


要するに、アタマの中のモヤモヤを取るってことみたいですね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村