今日からガンジー!世界を変えるガンジー哲学

名前の響きのインパクトから、小学生にも人気のガンジー。先生が授業中に名前を言うたび、教室のどこからかクスクス笑いがもれること(今でもきっと)必至です。そんな甘酸っぱい記憶はさておき、今日は彼から、よりよい未来を目指すための意識のあり方を学びたいと思います。さあ、あなたもBe The Changeということで、ガンジーと一緒にがんばりましょう。


マハトマ・ガンジーについて、長い説明は必要ないでしょう。1947年、英国の支配にあるインドを独立に導いた偉大な指導者の一人で、インドの国民的英雄です。

今日はガンジー哲学の基本となる10のキーワードと彼の名言について紹介しましょう。

 

1.Change yourself. 自分を変える。

あなたが世界で見たいと思う変化に、あなた自身がならなければならない。“You must be the change you want to see in the world.”

あなたが変われば、世界も変わります。考え方を変えれば、感じ方や行動の仕方も変わります。そうすることで、あなたの周囲もまた変わっていくでしょう。

 

2.You are in control. 自分をコントロールする。

私の許可なしに、誰も私を傷つけることはできない。“Nobody can hurt me without my permission.”

どう感じ、どのように行動するかは、自分で選ぶことができます。時々は反射のようにネガティブな反応を繰り出してしまうこともあるけれど、自分の外側で起きていることと、自分の内面の平和とは分けて考えましょう。

 

3.Forgive and let it go. 許し、手放す。

弱い人は決して許すことが出来ない。許しは強い人の特徴だ。“The weak can never forgive. Forgiveness is the attribute of the strong.”

自分の反応をコントロールできるようになると、許し、手放すことが、どれほど自分や他人を助けるか実感することができます。状況から必要なレッスンを学んだあとは、ネガティブな記憶を反芻するのは時間の無駄です。

 

4.Without action you aren’t going anywhere. 行動を伴わなければ、どこにも辿りつかない。

実践は、説教に勝る。“An ounce of practice is worth more than tons of preaching.”

新しい行動をはじめるときには、心の中の抵抗が大きくなるので、つい楽な方へと流れてしまいます。本を読んだり、勉強をしたり、誰かに説教をしたり。これらは本当にするべき行動の代償行為でしかありません。自分が本当に目指す場所を目指すなら、行動に出ましょう。

 

5.Take care of this moment. この瞬間に生きる。

未来を予測したいのではない。私は現在をしっかり生きたい。その先のことについて、神は私にコントロールを与えていないのだ。“I do not want to foresee the future. I am concerned with taking care of the present. God has given me no control over the moment following.”

この瞬間に生きるとは、過去のことや、未来のことを考えだしたら、単純に今している作業に集中を戻すということです。一種の筋肉トレーニングのようなものですから、練習によって、どんどん楽にできるようになります。

 

6.Everyone is human. 誰もが人間だ。

自分の賢さを過信するのは、賢いことではない。最も強い人でも弱る時があるし、最も賢い人でも過ちを犯すと考えるのは健康だ。“It is unwise to be too sure of one’s own wisdom. It is healthy to be reminded that the strongest might weaken and the wisest might err.” 

私たちはみな人間であり、間違いをおかすことがあるものです。希望や条件を高く設定しすぎると、余計な混乱が生じるだけでしかありません。もちろん自分のミスを酷く責めるのも、意味がありません。

変えるべき部分をチェックして、そこからのレッスンをしっかり学ぶこと。そうしてまたトライすればいいのです。

 

7.Persist. 耐える。

最初、彼らはあなたを無視し、次にはあなたを笑い、それから戦いをしかけてくる、そうしてあなたは勝利するのだ。“First they ignore you, then they laugh at you, then they fight you, then you win.”

忍耐強くなりましょう。不利な状況がでも逃げ出したりせず、自分が本当にしたいことを見つめましょう。心の中のモチベーションに、自分を導かせましょう。

ガンジーが非暴力でも成功した理由の一つは、彼と彼の仲間がとにかく粘り強かったからです。そして欲しい物が手に入らない人たちに共通するのは、あきらめが早いこと。もし本当にあきらめるべき時が来たら、自ずとわかるものですから、それまでは、あきらめないで。

 

8.See the good in people and help them. 人々の中のよい部分を見る。

私は人間のよい部分だけ見る。自分も完全ではないし、他人の欠点を探し出すようなことはしない。“I look only to the good qualities of men. Not being faultless myself, I won’t presume to probe into the faults of others.”

どんな人にも、よいところはたくさんありますし、そうでないところもあります。どちらを見るかは、あなた次第。人生や人間関係をポジティブに改善したいなら、よい面にフォーカスするのが大事です。周りの人をポジティブに見れるようになると、彼らのために尽くし、がんばろうというモチベーションも上がります。あなたが助けた人たち自身も、誰かほかの人を助けようと思うようになるかもしれません。そうやって、よいスパイラルが出来ていくのです。

9.Be congruent, be authentic, be your true self. 同じ自分であれ、本物の自分であれ、真実の自分であれ。

思考と言葉と行動が、いつも完全に調和するように。思考を純粋に保ち、すべてが健やかであるように。“Always aim at complete harmony of thought and word and deed. Always aim at purifying your thoughts and everything will be well.”

相手の反応に合わせたり、好かれようと思わずに、本当の自分の言葉で語り、本当の行動をしましょう。それを装えば不必要な混乱の元になりますし、結局は自分をも傷つけることになります。

 

10.Continue to grow and evolve. 成長し続け、進化し続ける。

たゆまぬ発展は生命の法則だ。変わらないと見せるために自分のやり方に固執すると、間違った場所へ行くことになる。”Constant development is the law of life, and a man who always tries to maintain his dogmas in order to appear consistent drives himself into a false position.”

つねに最高の人生を送りたいなら、成長し、進化することを選びましょう。よりよい変化を目指すのが、進化です。変わらぬ自分が周囲と調和していないように感じたら、よりよく変わることを選びましょう。つねによりよい選択をし続けることで、いつでも今が最高と言える日々になるでしょう。

 

Gandhi’s Top 10 Fundamentals For Changing The World / The Positive Blog


 

ガンジーのTシャツが欲しくなって買おうと思うけど、そのたびに、やっぱりいらないという結論になることを繰り返し、早10年…。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村