引き寄せの法則が働かない根本原因4つ。

引き寄せの法則が働かなくても、焦ることはありません。まずは自分を振り返ってみる必要があります。


引き寄せの法則を使うことは、お湯を沸かすことに似ています。

完全に沸騰するのには時間がかかります。途中で自信を失うことは、沸騰前にコンロの火を消してしまうようなものです。再びコンロに火を入れない限り、そのままでは鍋は沸騰しません。

再びコンロに火を入れるということは、再び情熱の炎を燃やすということ。もう一度、何が、なぜ欲しいのか考え、それが叶ったときのことをイメージして、幸せな気持ちに浸るのも大事です。

しかしなぜ火を止めてしまうのかについても、しっかり考えなくてはなりません。引き寄せの法則が働かない根本原因は、シンプルにまとめて以下の4点です。

・・・・・・・

1.自分で気付いていないだけで、実は欲しいものに対するネガティブな思い込みがある

たとえばお金が欲しいとしましょう。でもそう願うことに対する罪悪感が心のどこかにあると、それがブロックとなり実現が遠ざかります。

本当は別のものが欲しいことも、よくありがちです。たとえば、お金が欲しいと願うのではなく、もっと具体的なものや状況を願った方が、心の中でしっくり来ることもあります。

手に入れた状況を、100パーセント自信を持って思い描くことが出来る。そう思えるものを願いましょう。

・・・・

2.自分の欲しいものを先に手にした人に、嫉妬している

あなたの願いと似た状況を既に実現した人たちを、きちんと祝福できますか。うらやましくて、なんとなくモヤモヤしてしまう場合、それがブロックとなります。

私たちはみな同じ人間で、環境は違っても、同じだけのチャンスと可能性を持っていると信じられない場合、不信感が現実化していくばかりで、願いは叶いません。心の奥の不安を落ち着かせることが先決です。

一点の曇りもなく願うことが出来て、全面的に肯定できることであれば、エネルギーの滞りもないので、現実化のスピードが速くなります。

・・・・

3.結局のところ、法則もしくは自分を信じていない

引き寄せの法則では、法則を作用させる上で浮上するネガティブな思いと向き合い、解決していくことが、上達の秘訣です。

  • どうせ自分には働かない
  • うまくできない
  • 願いが大きすぎて無理だ
  • 自分はその願いに値しない
  • 実際に願いが叶っても、そこまで幸せになれると思えない

潜在意識は「恐怖=身の危険」と考えて大きく反応しますから、このような思いが心のどこかにあると、まず法則は作動しません。

こうした不安を解消するための方法には、アファメーションや瞑想など気軽にできるものから、ヒプノセラピーやインナチャイルドセラピーなど、大がかりなものまで、いろいろあります。

面倒そうな気がしても、ここが解消できると、人生が急展開で楽しくなりますので、早いうちから取り組んでおくに越したことはありません。

・・・・・

4.うまくいかない可能性も含めて、宇宙におまかせしよう

叶わなかったらどうしようと思うのは、なぜでしょうか?自分が無力だとか、恵まれていないと感じるから?

でも今回はうまくいかなくても、別のタイミングに叶うのかも知れませんよ。

叶わないことへの不安は、そのまま潜在意識に反映されてしまいます。すぐにうまくいかなくても、落ち込まないできちんと対応できるから、自分は大丈夫と思えるようになりましょう。

宇宙を信じることは、自分を信じること。何事も万事思い通りになるよう信じるのではなく、あらゆる可能性に対応できる自分を育て、信じましょう。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村