色でわかるオーブの性質

オーブとは、心霊写真によく出てくる光の円盤みたいなやつのことです。一体何なのかというのは、その人が一体何を信じているのかによって、ただの塵から霊的エネルギーまで、諸説ありまくるようですが、実はオーブも色によってタイプがあり、その性質がいろいろあるそうなんです。

オーブの色が何を表すか、多くは色そのものの持つ性質や特徴と結びついて論じられているようです。ここでは科学的検証に基づく色彩学ではなく、スピリチュアルなセオリーのみを紹介します。

本来オーブを理解するためには、色の持つ一般的な意味を検索するより、そのとき自分が感じたもの、受け取ったものにフォーカスする方がよほど有益なのですが、あくまでガイダンスがほしい人のために、いくつかの例をご紹介しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

透明のオーブ

透明のオーブは、スピリットがあなたとコミュニケーションしようとしていることを表します。オーブが目撃されたその場所で何らかの出来事があり、そこから移動する手伝いをしてほしいと伝えています。

白、または銀のオーブ

白または銀はスピリチュアルな領域と関係しており、高次元の存在とつながっていると考えられます。白か銀のオーブは、それが目撃された場所に高いエネルギーがあることを示しています。またその場所で、人々を守る役割をしているスピリットであることも表します。白はたいへんにポジティブな性質があるオーブです。

黒、または茶色のオーブ

スピリチュアル的に黒や茶色は、低いバイブレーションやエネルギーを表すことが多いです。邪悪なエネルギーとまでは言いませんが、黒や茶色のオーブが表れた時、その場所は危険であると考えてもよい。そうした場所にはよく注意しましょう。もし気分が悪くなったら、すぐに立ち去ること。

赤、またはオレンジのオーブ

赤やオレンジは、安全や安定、所属と結びつく色です。これらの色はしばしば怒りや情熱などの強い感情を表すこともありますが、オーブの場合はそうではありません。赤やオレンジのオーブは、保護者の役割を持つスピリットを意味します。あなたの守護霊やガイドがこうした色で現れるケースがあります。

緑のオーブ

スピリチュアルの世界では一般的に、緑はハートチャクラを表す色であり、自然とのつながりも意味します。同様に、緑のオーブは愛や自然との一体感を表します。

青のオーブ

青はサイキックエネルギーや真実を表す色で、スピリチュアルガイダンスを表す色と考えられることも多いです。青のオーブは穏やかなスピリットやエネルギーの存在を示し、あなたのスピリットガイドであるか、それが現れた場所に存在する高次のスピリットであるとも考えらます。

The Different Colors of Ghost Orbs and Their Meaing / Lovetoknow


私も昔撮ったことがありますけど、銀色でした。いいスピリットだったんですね。

・・・・・

追記: しかし後から考えると、私が撮ったオーブは、海の上に浮かぶ銀色のボールのようなもので、この前見た謎の飛行物体にそっくりでした。UFOでもなくオーブでもなく、銀色のボールっていうジャンルがあるんでしょうか…。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村